芸術、書籍、音楽などのレヴュー。あるいは随筆。 - Revue de l'art, le livre, la musique etc, ou essai.
  • calendrier
  • Syrup 16gのうた


    現代人の生活を鋭く描く楽曲を数多く手がける三人組のロックバンド、Syrup 16g。
    僕は全部の曲を聴いているわけでもないですが、印象としては、ノイジーなまさにロックな感じより、スリーピースということもあり、なんとなく淡々としたメロディで、じっくり聴ける感じです。

    文法を疑いたくなるような英語を散りばめた、感じの良い曲ばかり聞いている人にとって、シロップの曲は、ガツンとさせられる、刺激の強いものだと思います。僕もそうでしたから。
    シロップの詩は、きつくいえば、ダーティで醜い、陰鬱なものをうたったものが多いです。それこそ、普通に売れている曲にはないものです。だけど、というか、だからこそ、スルーして聞き流せないものがあるのだと思います。周りの人に声を大にしていえないけれど、生活していく中で普通に心に抱いていること、こんなことを直球で突きつけてくる詩です。

    それなので、好き嫌いは結構分かれるのかな、と思います。明るく前向きに充実した毎日をおくっているような人には切り捨てられるものかもしれません。逆に僕みたいのが、余計にシロップに何かを感じてしまうのは、そんな生活から程遠い場所にいるから、ともいえます。
    以下、心に残る歌をメインにいくつか取り上げます(ポップでさわやか系な人は気分害すかもしれません。注意)。
    ・生活
    「君に存在価値はあるか/そしてその根拠とは何だ/涙流してりゃ悲しいか/心なんて一生不安さ
    I wanna hear me/生活はできそう?/それはまだ/計画を立てようそれも無駄」
    本当に「生活」にリンクした歌。僕のための歌じゃん、なんて勝手に思えるくらいです。アップテンポで、カラオケなんかで歌うと最高にテンション上がります。生活するのは、簡単なようで難しい。最後のフレーズの「そこで鳴っているのは/目覚まし時計」なんていうのもリアル過ぎる…。
     
    ・夢
    「本能を無視すれば明日死んじまっても別に構わない/本気でいらないんだ/幸せはヤバいんだ」
    ヤバい曲です。ここでは書けないものを沢山持っています。聴いてみて下さいとしかいえない。

    ・My song
    シロップの歌はいわゆる「後ろ向き」の曲だけじゃない。特に、「My song」は「分かり合うとか信じあうとかそんなことどうだっていい」なんて歌っているけれど、何気に深い、つながっていたいという思いがある。最後のフレーズが、「My song/our song」となっていることからもうかがえる。

    ・Reborn
    「手を取り合って/肌寄せ合って/なんかいいなあって空気があって/一度にそんな幸せなんか/手に入るなんて思ってない/遠回りしていこう
    期待してあきらめて/それでも臆病で/本当の気持ちだけが置き去りになっていくよ」
    歌詞もメロディも、素朴で良い歌だと思います。ヴァージョンも複数あるようですが、どれでも違和感なく聴けます。
    「時間は流れて/僕らは歳をとり/汚れて傷ついて/生れ変っていく」って、まさにその通りですよね。ずっと今までの自分を守りたくても、そんなことはできない。生まれ変わって、無意識にでも別なものになっていく。

    ・明日を落としても
    「誰も愛せなくて/愛されないなら/無理して生きてる事もない
    明日を落としても誰も/拾ってくれないよ/それでいいよ」
    本当に淡々と、明日って素晴らしい日みたいなコトから遠ざかっていく言葉を並べているように感じる。実は一番「重い」歌かもしれない。
    でも、それだけにリアルな部分を持っていると思う。明日を落としても、誰にも関係ないし、拾おうと思えるのも、実際に拾うのも自分だけなんだなと。……。


    ネガティヴ、ダーク、ダウナーな歌とされるようなものが多いのは事実ですが、別に人生はクソだ、とかそういうことをいってただ斜に構えてるというわけではないと思う。そして、シロップを聴いたからといって、そういう気分になる、とかじゃなくて、むしろ逆というか、生活を見つめるチャンスになるかと思う。
    なんか、いい加減な感想、論評になってしまいました。まだ書き足りない、書ききれない部分が多いので、それはまたの課題にします。やはり聴いて感じてみるのが一番ですね。


    Very thanks to Tabelin. 
    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    tabasco16g
    言ってることが極限にネガティブだからこそ、逆にやる気が出るんだよね。
    あと、過激な歌詞に目がいきがちだけどこのメロディの美しさは凄いと思う。

    まあ、また今度いろいろ焼いてあげますよ。
    2006/04/09(日) 02:48:18 | URL | tavelins #-[ 編集]
    XO-jang 16g
    確かに。
    少し楽な気分になれるよね。
    それとメロディも、ストロークがメインだけど、シンプルで良いですよね。

    では、またお願いします!
    2006/04/09(日) 10:58:32 | URL | webcat #-[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック