芸術、書籍、音楽などのレヴュー。あるいは随筆。 - Revue de l'art, le livre, la musique etc, ou essai.
  • calendrier
  • 「スイス・スピリッツ 山に魅せられた画家たち」 Bunkamura ザ・ミュージアム


    スイスのアルプスの山々を主題とした絵を集めた展覧会です。作品は、18世紀の古典作品から、現代のモダンアートまで集められていて、かなり幅広い表現を見ることのできる展覧会になっています。

    実際のところ、モダンアートがメインのように聞いていたので、行かなくてもいいかな、とも思っていましたが、近代の作品もあると分かり、やはり絵画との出会いはまさに一期一会になることも多いので、行くことにした次第です。テーマが山、と明確に定められているし、油絵にこだわらない現代アートもあって、「楽しめる」展覧会でした。以下、かいつまんで作品を取り上げます。

    第一セクションは、カスパー・ヴォルフの作品メイン。
    ヴォルフの作品は、まず大胆な構図が目を引きます。岩や氷河が画面の大部分を占めるような絵ですが、構図の切り取り方が良く、飽きさせないつくりをしています。また、タッチは平たい塗りをしていますが、岩や氷河とも、下塗りの段階から、さまざまな色を使い分けていて、単調さを全く感じさせません。
    第二セクションは、19世紀の山岳絵画。
    ヨハン・ヤコブ・ビーデルマンの作品は、一つ一つの筆が無駄がなく精確で、すごく精巧な塗りをしています。また、意図的な配置で遠近感を出す、「ルプソワール」が意識されていて、それが見事な色彩表現でもって、大気遠近が顕著に引き出されています。
    そして、この展覧会でも一番の出来だと感じたのが、ラファエル・リッツの「ピッツ・ダ・リンゾル峠の旅人」。切り立った峠で旅人たちが休憩する場面を描いた絵です。まず素晴らしいのが写実力。岩の緻密な表現は、他の作品を含めても光るものがあります。また、構図も面白いです。特に背景の処理は、前景のごつごつした岩の景色と対照的に、雲、大気のうねりが感じられ、神秘的な雰囲気まであります。加えて、人物の配置にも気を配っています。

    第一、第二セクションは、古典絵画とカテゴリできるものですが、それらには、風景画、山岳画ということがあって、(線的)パースによらないダイナミックな遠近感が求められます。それ故に、前後関係性と大気の表現が一層意味合いを強く持ってくるわけで、それは構図や微妙な色彩の表現がとても繊細に求められることになります。そんなわけで、構図、色彩はとても厳格なものがあったと思います。中でも、この複雑な色彩は、印刷で十分読み取れるわけもなく、残念ながら図録は満足がいきませんでした。


    第三セクションは、1900年前後の印象主義的な作品。
    まず、アレクサンドル・ペリエの作品が良いです。「テリテット郊外の夜」は夜の山と山に反射する湖を描いた作品。ここでは、印象主義の再解釈というものが読み取れます。山のうねりあるタッチは、ゴッホなどの表現に共通するものですが、線的なタッチは全ての部面において整理されている、といって良く、独自の印象主義が見えます。タッチの大小による遠近感など意識されている点も指摘できます。
    もう一つの「グラモン山」は「テリテット郊外の夜」の昼ヴァージョンのような絵で、パステル色調に統一された綺麗な作品。この作品でもタッチは細かく均等に整理されています。特に水面に山が反射したところのタッチは考えられていて、見所にといえます。
    そして、この展覧会のテーマ絵として設定されている、ジョヴァンニ・セガンティーニの「アルプスの真昼」(上図)も素晴らしかったです。細かく細い(?)タッチを重ねることで何ともいえない絵肌をつくっています。ある意味で、点描、線描の「薄っぺらさ」を超えた作品と呼べるのではないでしょうか。この絵でも、効果的な細かいタッチの流れ、うねりが良い効果を生んでいます。
    さらに、このセガンティーニの、後の作品がありますが、こちらは、「アルプスの真昼」とは逆に、印象や象徴に走ってしまっています。「アルプスの真昼」は発表当時から評価されたといいますが、この作風のセガンティーニをもうちょっと見たい感は残りました。


    第四セクションからは、印象主義後の画風の作家、第六セクションからは現代アートが並びます。
    第四セクションでは、第三とも比較して、ジャコメッティ(父)の色々な試行が見られますね。諸印象派画家やセガンティーニの影響に揺れ動いていることがはっきり分かります。
    現代アートのセクションは、発想、感覚を「楽しむ」ところだと思うので、特別には感想・批評は控えます。本当に奇抜な面白い作品が多く、見る側を喜ばせます。シルクスクリーン、写真、造形、グラッフィックアートなどさまざまな表現媒体を見ることができます。マルクス・レーツ「これだってニーセン山」など、もうやられた、って感じです。


    またもや、会期ギリギリでいってしまいましたが、残り少ない期間、アートや大自然に興味がある方には行ってもらいたいです。僕も思いましたが、迷って行っても、損はしません。
    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック