芸術、書籍、音楽などのレヴュー。あるいは随筆。 - Revue de l'art, le livre, la musique etc, ou essai.
  • calendrier
  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
    P.D.ジェイムズ コーデリア・グレイシリーズ
    3973800.gif pdj2.jpg

    P.D.ジェイムズが英米ミステリにおいて、確固とした地位を築いてから、だいぶ久しくなっています。ジェイムズは、同じイギリスで、女流、同年代といえる、ルース・レンデルと良く比較されますが、彼女の作品は、レンデルと比べものにならないほどの、重厚感、文学性が感じられます。
    確かに、この点が、彼女の作品の、推理小説として読んだときの、ある種の退屈さを一部に与えてしまう結果になっていることも否めませんが。

    ここでは、その点を差し引いても、面白く、且つ、すぐに読める、そして、僕が英米ミステリを読むきっかけになった、コーデリア・グレイシリーズについて書きたいと思います。


    まず、探偵が、うら若い(美)少女であるという設定には、現実性を重んじる推理小説では、かなり無理があり、従来の伝統的な推理小説ではほとんど例がなかったのですが、ジェイムズは、コーデリアシリーズでその問題に挑戦します。
    つまり、コーデリアという、うら若き少女を、雇い主の探偵の死によって、その仕事を引き継がなくてはならないという設定の下、合理的に探偵にしたてたのです。

    コーデリアは、それ以降確立される、若く魅力的な女探偵の先駆だったわけであり、英米に遅れ日本でも盛んにつくられた、なぜか決まって、美人で魅力を惜しみなく振りまく女探偵は、ほとんど、二番煎じにもならないようなものといえるでしょう。
    それほど、推理小説史上の金字塔的な作品として、コーデリアシリーズを位置づけることができるのです。

    ここでは、詳細に触れることはしませんが、内容には、女探偵である、ということが魅力的に移る部分は勿論書かれていますが、女探偵であることの困難性もきちんと書かれており、それを含めて、物語の質を高めていると思います。
    そのような点が、意識せずとも、コーデリアを応援し、彼女と同じ視点にたって物語を見てしまう、読者のシンパシーを呼び起こします。


    最後に言っておくと、このコーデリアシリーズ、二作しか書かれておらず、かろうじてシリーズになっていることに加え(ジェイムズのダルグリッシュシリーズに少しだけ、ほんの数ページ記述がありますが)、二作目が書かれてから、20年以上の月日が流れております。
    しかも、未だに新作を書く現役とはいえ、ジェイムズは、数年に一作を書く遅作家であり(それほど彼女のプロットが緻密であるということです)、80をこえる老人。
    あぁ、あの事件の後、コーデリアはどうなったのか、ファンはかなり知りたいはず。だけれど、もうほとんど三作目は期待できないのです。
    最後に、コーデリア完結編を書いてほしかった。絶対、書けばミリオン超え確実のベストセラーになったことは明らかですが。

    『女には向かない職業』、『皮膚の下の頭蓋骨』、いずれも早川書店です(ピクチャアには英米版を載せてみました)。探偵小説に少しでも興味がある方には一読を薦めます。
    映像化もされているということで、少し気になるところ。
    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。