FC2ブログ
芸術、書籍、音楽などのレヴュー。あるいは随筆。 - Revue de l'art, le livre, la musique etc, ou essai.
  • calendrier
  • フィリップス・コレクション展 三菱一号館美術館
    ワシントンのフィリップス・コレクションを紹介する企画展です。
    フィリップス・コレクションは、1918年にコレクションの公開を開始し、MoMAより早い1921年に美術館として開館したアメリカ初の近現代絵画専門美術館です。

    本展は、収集家ダンカン・フィリップス(1886-1966)の先見の明というべき近現代絵画へのまなざしにフォーカスします。
    有名美術館のコレクション展は数ありますが、当然ながら主役は絵画作品でそれを収集したコレクターは二の次、脇役というものがほとんどです。しかし、本展はコレクターを主役・基軸にしてコレクションを展望するという珍しい視点での企画展です。
    初期からコレクションがどのように構築されていき、ダンカン・フィリップスがどのようにコレクションに手を加えていったのかを知ることで、彼の思想をうかがいながら鑑賞することができるようになっています。

    「全員巨匠」といううたい文句とおり、厳選された秀作が集められていますが、シャルダン、アングル、ドラクロアなどの古典絵画から、印象派、それ以降の抽象画と幅広いフィールドからコレクションが構成/展示されているので鑑賞者としてもヴァリエーションを楽しめます。核となる印象派以後はもちろん、古典絵画も外さずに展示されていることで、ダンカン・フィリップスのコレクションの展開や深みを実際に知ることができるようになっていました。
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック