芸術、書籍、音楽などのレヴュー。あるいは随筆。 - Revue de l'art, le livre, la musique etc, ou essai.
  • calendrier
  • 中世美術館 Musee National du Moyen Age


    中世美術館というだけあって、建物も相当に古い。そんな格調あるパリの美術館で、建築だけでも見ておきたいです。

    展示内容は、中世の絵画、タペストリー、彫像、装飾品など。かなりの広さ、展示物の量があります。本当に中世キリスト教美術が結集されているという感をうけます。やはり、宗教が美術に与えた影響は大きい。

    そして、この美術館で一番有名で、見る価値が高いのが、「貴婦人と一角獣」のタペストリー(下に一部)。この六枚のシリーズのタペストリーには専用の部屋があって、一種独特の雰囲気があります。まず、五枚が人間の五感を寓意したものになっています。そして残りの一枚ですが、これには「私の唯一の望み」という文字が書かれていて、貴婦人が身に着けていた、きらびやかな装飾品などを箱に納める図が描かれています。これは世俗的な欲望を超えた、崇高な人間の哲学的ともいえる望みを表していると解釈されているそうです(完全には解釈は定まらないようですが)。とにもかくにも、すごく荘厳、神秘的な趣で、恍惚感に浸ってしまいます。
    日本語の解説プレートもおいてあります(ただし、最初のタペストリーは味覚というべきを嗅覚となぜか誤植してました…)。
    これを見るだけに行っても、十分満足できる美術館だと思います。
    実をいうと、僕も、18,9世紀仏絵画があるはずもないこの美術館は、「ついで」の気持ちで行きました。しかし、「貴婦人と一角獣」は、見たい絵画以上の、一番といっていいインパクトを受けました。




    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック