FC2ブログ
芸術、書籍、音楽などのレヴュー。あるいは随筆。 - Revue de l'art, le livre, la musique etc, ou essai.
  • calendrier
  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
    国立ロシア美術館所蔵 ロシア絵画の至宝展 富士美術館
    八王子の富士美術館には大昔1回行ったことがあったと思いますが、それ以来の訪問です。
    今回は、国立ロシア美術館のコレクション約40点が来日、ということで期待を込めていってきましたが、レーピン、シシーキン、アイヴァゾフスキーらの傑作ぞろいで非常に満足でした。
    今年はこれからBunkamuraでトレチャコフ美術館のコレクション展もありますし、近代ロシア絵画を展望できる良い機会です。
    毎度言及しますが、こういう国外の企画展は、現地の常設展示作品以外のものが多く出品されるため、非常に貴重です。ペテルブルクやモスクワにいっても見られるか分からない作品を東京で見られるわけです。
    ちなみに2007年開催の巡回展「国立ロシア美術館展」には行きそびれてしまい、今も後悔しています。

    今展も、(レーピンやアイヴァゾフスキーの現地常設展示されている主力級作品も来ていましたが、)おそらく記憶では常設で見なかった作品が主だったと思います。
    全体を見渡して、風景画の傑作が多かった印象です。
    今展のアイコンになっている、アイヴァゾフスキーは、ダイナミックかつ精緻に旧約の大洪水を描いた作品は絵から離れても近づいても魅せる作品ですし、もう一方の大作「(第九の)波濤」は、まずは色味の複雑さや奇麗さが目に入ってきますが、波の厚みや、光の透過感の表現が素晴らしく、超現実感のなかにリアリティを持たせています。
    その他、サヴラーソフ、シシーキン、クインジらも非常に完成度の高い風景画が来ていました。

    レーピンは、数こそ少ないですが、トルストイの肖像と、大作「サトコ」と代表作が来ていました。
    「サトコ」は反則級の作品で、当時の限定された制作環境でよくあれだけの画面構成をしたな、というため息しかない作品と感じます。資料やグラフィックソフトがすぐにでてくる時代ではないですからね。画面上からのパースペクティヴも絶妙で、まさにそこに場面が広がっているような臨場感を感じます。
    ロシアを代表する画家ばかりでしたが、クラムスコイがなかったのは少し残念でした。

    富士美術館の常設展示(コレクション展)も見てきましたが、ナティエ、サージェント、シダネル、モリゾあたりはよい作品があります
    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。