FC2ブログ
芸術、書籍、音楽などのレヴュー。あるいは随筆。 - Revue de l'art, le livre, la musique etc, ou essai.
  • calendrier
  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
    ルドン−秘密の花園 三菱一号館美術館
    ※2018.2-5

    オディロン・ルドンの回顧展です。
    ルドン展としては、
    2013年「オディロン・ルドン 夢の起源」(損保ジャパン美)
    2012年「ルドンとその周辺-夢見る世紀末」(三菱一号館美)
    あたりから約5年ぶりの企画展となります。
    上記2展は岐阜県美術館のコレクションが大きな要素でしたが、本展は「ドムシー男爵の食堂装飾」のパネル作品群を中心にオルセーのコレクションが核になっています。

    三菱一号館美術館のコレクションのハイライトとなる「グラン・ブーケ」は、「ドムシー男爵の食堂装飾」を構成する一枚で、モチーフ、色彩もありますが、他に作例をみない大パステル画であることから、一際存在感を放つ作品です。
    「グラン・ブーケ」の入手とパリ(グラン・パレ)でのお披露目の経緯もあり、オルセーの「ドムシー男爵の食堂装飾」とともに「グラン・ブーケ」を展示する本展は三菱一号館美術館の開館からの宿願であったでしょう。展示室の関係もあり、食堂装飾の完全再現はなかなか難しかったと思いますが、当時の展示状況が分かるよう工夫されて展示/構成されていました。
    オルセーの「ドムシー男爵の食堂装飾」については、今回初めて日本で公開されたものかと思いきや、過去日本で公開されていたという事実に驚きました。1980年の期間で開催された「ルドン展」(伊勢丹美術館ほか6会場巡回)で、展示状況は分かりませんが(「グラン・ブーケ」をのぞく)「ドムシー男爵の食堂装飾」が出品されていたようです。
    しかし、「グラン・ブーケ」も含め16点をそろえ、展示構成も練られた本展はやはり過去のルドン展とは一線を画すものがあり、資料としての図録も含め大変貴重と思います(1980年の展覧会図録を見ましたが、掲載されていない作品もあり、解説も詳しくはなく出品目録の要素が強い感じを受けました)。

    さらに、食堂装飾パネル以外の出品作品も非常にクオリティが高く、力の入りようが伝わってきました。最終章の「装飾プロジェクト」などは私も初めてそのようなコラボレーション作品などがあることを知りました。

    本展は、黒のルドン(版画)、色彩のルドン(パステル、油彩)というこれまでの切り口では漏れていたルドン像を提示するものであって、より広がりのあるルドンの世界を印象づける契機になったと思います。
    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。