FC2ブログ
芸術、書籍、音楽などのレヴュー。あるいは随筆。 - Revue de l'art, le livre, la musique etc, ou essai.
  • calendrier
  • ジェーン・オースティン 『説得』
    久しぶりにオースティンを読みました。
    『説得』('Persuasion')で、これはオースティンの死の前年に完成し、死後出版された遺作とのことです。

    以前に感想を書いた、『マンスフィールド・パーク』よりも話は短く、入り組んだ印象はないのですが、物語前半の構成は同様に退屈であり、何回か読み進めては放棄し読了に時間がかかってしまいました。
    『高慢と偏見』、『マンスフィールド・パーク』と大きく言えば同様のテーマや情感を描いているので、やや、またこれか、という感じを受けないわけでもありません。
    構成、展開も非常に似たテーマ性があり、男女間の表面的な思い込みや一方的な価値・評価の付与から、真の理解・和解の段階を経て、そして結婚へと至る工程が描かれていることも挙げられます。
    また、その過程で、高評価をしていた人物が実は全く別の人物だったという暴露(もっといえば作者という高見からなされる、エピローグでの強引なつじつま合わせ)が、これも『マンスフィールド・パーク』ばりに散見されるので、オースティンの様式美になっている趣も感じました(父親が娘アンには愛情がなかった、という記述も登場します)。

    上記2作品同様に、『説得』も、主人公アンと過去の婚約相手ウェントワースが出てきた時点で、物語の結末はおおよそ分かってしまいますが、曲道を経ながら大団円へと至る道筋、アンの感情や相手への期待の揺れ動きを楽しむのが本作への接し方かと思います。
    アンは準男爵家の出で、結婚相手は好きに選べませんし、自分にも良家の娘という自負もある。そして父親や母親代わりのラッセル夫人からのお目付けもある。そういった出自・アイデンティティや制約・しがらみのある中で「説得させられたり」、自制しながら生きていくわけですが、何が最善の結果かも分からずに立場や状況において選択肢をとりあえずのところ選び(あるいは選ばされ)生きていくしかない。その過程には無数の並行した世界の結果があることを示唆しており、それらに思いをはせたり現状に納得しながらなお暮らしは続いていく。アンは過去周囲に説得されて婚約を破棄した結果も最終的には受け入れて、紆余曲折を経た強さをもってウェントワースとともに人生を歩んでいく内容となっています。
    アンが説得に屈せずにウェントワースと結婚する、チャールズ・マスグロウブと結婚する、ウィリアム・ウォルター・エリオットと結婚する、などいくつかの可能性が作中示唆されていますが、それをせずに適齢期を逃しつつも、最終的には過去の説得とその結果の破談を受け入れ、かつ今度はそれを乗り越えて自ら選択しなかった選択肢を改めて選択し幸せをつかんだアンの実直さはこの小説のハイライトになっています。
    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック