FC2ブログ
芸術、書籍、音楽などのレヴュー。あるいは随筆。 - Revue de l'art, le livre, la musique etc, ou essai.
  • calendrier
  • ナショナルポートレイトギャラリー
    ロンドン、ナショナルギャラリーの一角を占める、肖像画専門の美術館です。

    常設展示は、絵画をメインに、写真や彫刻の展示もあります。
    時系列に沿って、歴史上の人物や近現代の著名人の肖像を鑑賞することができます。
    中世の肖像画は王侯貴族ばかりなので、英国王朝、ヨーロッパ史等に自信がないと少し退屈かもしれません。
    ただし、近代のコーナーになってくると、J.E.ミレイら有名画家が手がけた作品や、著名な作家、政治家の肖像画がでてくるので、楽しめると思います。
    やはり、ナショナルギャラリー同様、イギリスを代表する肖像画家であるジョシュア・レイノルズ、トマス・ローレンスらの肖像画は多数ありました。
    他、名の知られた画家では、J.S・サージェント、J.ティソ、F.レイトン、ワッツ、ヴィンターハルターなどの作品がありました。反対に、資料的価値の点で、無名画家の作品も結構ありました。
    公式サイトや美術館の専用端末でアーカイブされた作品を見られるようになっています。

    ここの美術館では公募展と思われるポートレイトアワードを開催しており、常設展示とは異なりかなりのにぎわいを見せていました(こちらも無料)。
    確かに、現代作家のクオリティの高い作品が集まっており面白かったです。

    地階に、ショップとカフェがありますが、カフェは結構良いのでおすすめです(美術館の写真がないので、カフェでのランチを載せておきます)。


    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック