芸術、書籍、音楽などのレヴュー。あるいは随筆。 - Revue de l'art, le livre, la musique etc, ou essai.
  • calendrier
  • エルミタージュ美術館 新館


    今秋にサンクトペテルブルクに行きましたが、前回のモスクワに続き、美術館メモを残しておきます。
    エルミタージュ美術館は、世界三大美術館と評される、言わずと知れた世界遺産の大規模美術館です。ルーブルよろしく観光地化している面が強く、メインとなる本館はごった返していました。
    良く知られている、レオナルド・ダ・ヴィンチ、ラファエロ、ルーベンス、レンブラントらの第一級のコレクションはこの本館にあるのですが、19世紀以降の近代絵画は本館向かいの新館に展示されています。観光のルートとして本館に人が集中してしまうため、新館は対照的に客の入りはまばらで、ゆっくりと間近に鑑賞することができます。
    本館のコレクションはガイドブックその他でよく紹介されているので、ここでは新館に絞って展示されていた作品(画家)を列記します。

    本館同様、相当のコレクションの数とクオリティに圧倒されます。ペテルブルクでエルミタージュの本館を(あるいは本館、新館とも)ゆっくり回る時間がない、ということであれば、行列に並び、入っても激混みの本館を回るよりも、新館に絞ってきちんと鑑賞するほうが賢いと思います。
    ちなみに入口はけっこう目立たないので注意が必要です(エルミタージュ本館から振り返って見て、中央から左です)。

    以下、メモを残せた画家を記します(印象派などほとんどみられると思いますが、そう思ってメモしませんでした)。まだ新館が仮設的、可塑的段階かと思うので、展示内容や作品数、展示部屋などは変化あると思います。公式HPが充実しているので確認できると思います。
    また、訪問時はオルセーからマネのオランピアを持ってきて、「オランピア」の歴史的モチーフを紹介する企画展示をしていました。

    ------------------------
    ()があるものはおよその作品数。

    ○フランス絵画1
    ダヴィド、プルードン、グロ、アングル、ルニョー、ジェラール
    ヴィジェ・ルブラン
    ドラロシュ、ジェローム
    ドラクロワ
    ヴィンターハルター(10弱?) …展示室一室が肖像画のコレクションルームになっており圧巻。
    フラマン(7-8) …来日したナポレオンのシリーズなど揃っている。
    C.デュラン(2)、カバネル、レオン・ボナ、ジュール・ジョゼフ・ルフェーブル
    ジャン=ジャック・エネル
    H.ヴェルネ、シェフェール
    クチュール
    ドービニー
    コロー、ミレー、デュプレ、
    G.ドレ、クールベ

    〇フランス絵画2
    ファンタン=ラトゥール …花静物など小品多数。
    ルノワール …作品数充実。
    ドガ(ドガら、パステル専門の展示室もあり)
    セザンヌ、ゴッホ
    ドニ、ヴァロットン
    ボナール …巨大壁画あり。
    マティス

    〇ドイツ、ベルギー(3階)
    フリードリヒ(6-7)…これだけまとまったコレクションの常設は初めて。
    ルイ・ガレ、ギュスターヴ・ド・ヨンゲ
    ルートヴィヒ・クナウス、アルフレッド・ステヴァンス
    ハンス・マカルト、フランツ・クリューガー

    -----------------------

    アネックスといえど、普通に大きな宮殿なのでかなりの部屋数があり、ピクチュアのように吹き抜け部の空間の広さがあります。

    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック