芸術、書籍、音楽などのレヴュー。あるいは随筆。 - Revue de l'art, le livre, la musique etc, ou essai.
  • calendrier
  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
    良いコーヒーロースターの条件
    1.豆のクオリティ、ローストの上手さ
    前提条件ともいえるもの。高価なCOE入賞豆なども流通している昨今、どこまで求めるかというのは人それぞれなので、ニーズにあったクオリティがあればいい。ローストは、段階的なロースト、むらのないローストができており、豆の個性がきちんと引き出せているかどうかで判断する。また、ハンドピッキングや焙煎後のふるい(薄皮=チャフ除きや冷却)などをきちんと行っていることもかなり重要である。明らかな欠点豆、チャフの混入割合を見るだけでもロースターの意識がわかる。また、生豆の保存方法も考慮できると思う(大量の生豆をオープンなカフェスペースに裸でディスプレイしたりするのはどうなんだろう・・・?)。

    2.価格が適正
    消費者としてはやはり良い品質のものを適正価格で買いたい(適正というのは、単に安いという意味ではなく、上記1を筆頭にサービス、店づくりなどを総合して評価した結果で判断できるものである)。
    もちろん、豆の品質が上がれば価格も上がってしまうのは致し方ないが、それでもある程度生豆の相場はある以上、リーズナブルな店、ややお高く見える店というのはある。
    無料のサービスコーヒーの提供、購入量での割引(ネットなら送料割引なども)などは、この観点の要素である。

    3.豆の種類(産地、品種、精製方法)がある程度そろっている
    ハウスブレンドだけでなく、シングルオリジンもいくつかあったりと、そのときどきに複数の豆を取り扱っているとリピートしたくなる。

    4.ローストの種類が選べる、もしくは複数用意されている
    上記3と同様の観点である。ハンドロースターでその都度個々の注文に応じてくれる個人ロースターも多い。また、そうでなくても、3段階くらいで焙煎度合いが用意されている(同じ豆であっても、そうでなくても)ほうが好ましいだろう。サードウェーブ系が幅をきかせてくると、中南米のかなり浅い煎りの豆しかなかったりするが、客の嗜好(酸味、フルーティ嗜好)や抽出方法(エスプレッソ抽出や攪拌ドリップなど)をかなり絞ってしまっている感はする。

    5.情報をきちんと出している
    焙煎日、焙煎度合い、精製方法、豆の品種や等級、生産者情報(農園、地域など)などなどきちんと提示していることが望ましい。また、店員が商品を熟知しておりきちんと答えてくれること。
    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。