芸術、書籍、音楽などのレヴュー。あるいは随筆。 - Revue de l'art, le livre, la musique etc, ou essai.
  • calendrier
  • 囚人のジレンマの現実社会における蓋然性について
    囚人のジレンマの社会的に起こり得る蓋然性について考えてみる。

    囚人のジレンマについてはここでは詳しい説明は省くが、二人の囚人がともに黙秘を貫けば二人の刑期が最小になる(社会的な全体効用が最大になる)ものの、相手の出し抜き、裏切り戦略により、そのようにはならない(裏切りに収斂する=ナッシュ均衡)というジレンマである。
    社会学的にも扱われるが、ゲーム理論等の方面で研究されているものである。
    囚人のジレンマは思考モデルであって、現実において純粋な形式で観察するのが難しい。以下では、蓋然性を測るための現実社会における不確実性、困難性について若干の整理をしたい。
    これによって、ジレンマが社会的構造としてなかなか立ち現れないことが分かるし、またジレンマの解決/回避可能性の議論の一助にもなる。


    (1)コミュニケーション可能性の問題。完全情報なのか不完全情報なのか。
    囚人同士のコミュニケーションは断絶しているものとして扱われるが、現実社会では、囚人=成員同士のコミュニケーションは可能である場合が多い。また、第三者としての調停者、仲裁者もいるかもしれない。
    さらに、状況によって完全情報下にいるのかそうではないのかも違ってくる。

    (2)社会行為は繰り返しが前提となる。行為の再帰性について。
    複雑で面倒な説明を省こう。端的に言えば、囚人同士で一方が裏切った場合、もう一方の出所後の「お礼参り」は怖くないのか?という観点である。
    二次的接触の多い現代社会といっても、その場一回きりの社会行為を抜き出すのはそれほど簡単ではないし、そのような場面でジレンマ的葛藤が生じるとも考えにくい。
    一般に、行為の繰り返しが信頼(非契約的要素)を生むだろうし、またそれまでの行為が次の行為に再帰的に作用するだろう。

    (3)非合理性、心理学的問題。認知的一貫性。
    相手に裏切られたら、合理的な推論に基づき次の一手が協調的行為をとるべきだとしても、その選択はなかなかとりづらい。

    (4)効用(価値)の代替可能性や多様性。
    囚人のジレンマでは、刑期という数的指標により明確な効用の測定が可能であった。しかし、社会ではそのような明確な尺度は生じにくい。金銭もそのような単一的で絶対的な尺度にはなりえない。
    例えば、アイデンティティとして自己犠牲を良しとしたり、社会的公正を貫くことで得た社会的栄誉で効用を得たりすることも十分にあり得るだろう。

    (5)道徳規範。社会状況規範。
    上の議論とも重なる部分も出てくるが、裏切りや騙しがチェスの次の一手と同じような感覚で取りうる選択肢なのか。
    それが社会の道徳規範と相いれない場合、本意ではないにせよ行為者に協調的行動をとらせるかもしれないし、あえて裏切った場合相応の社会的コストと心理的コストを払うということを行為者に突き付けることにもなるだろう。
    また、そのような不定量のコストと「現ナマ」との比較考量というやっかいな問題もある。

    (6)厳密で計算づくの非感情的なプレイヤーの存在。フリーライダー。
    これまでの議論のなかでさまざまな社会的要素による蓋然性の低減を見てきたが、ここから漏れる要素として、それらを無効化しうるプレイヤーの存在を挙げなければなるまい。社会問題としては、フリーライダー問題としてピックアップされたりしている。
    囚人のジレンマのゲームでは、相手の選択に関わらず裏切り行為を続けるというナッシュ均衡に落ち着くが、現実にこの選択肢を取り続けられるものが、交渉の余地のないフリーライダーということになるだろう。
    フリーライダーは①社会化から逸脱した存在であるか、あるいは、言い方は悪いが②高度に社会化された環境にふんぞり返って泰然自若とするルールマスター(真のマスターではないが、ルールに裏打ちされた脱法の高みにいる!)である可能性がある。
    取りうる対策としては、抽象的ではあるが、①社会化の徹底、②ルールの再構築(社会システムや基礎集団の組み直し)、という方向になるだろう。
    ここでは、フリーライダーを単純に社会悪と決めつけずに包括的な議論が必要になってくるだろう。
    全体主義や社会主義との問題、個人主義など価値の多様性、などのレベルでの検討もなされるべきである。


    以上、囚人のジレンマの蓋然性についていくつかの観点でみてきたが、このジレンマが社会的に顕在化しているとすると、それはその社会の非統合状態や解体を示唆するものになる。
    特に日本では、世代間や経済的な格差において、ジレンマ状態に陥る可能性があると考えられよう。
    社会的効用の失われたナッシュ均衡という冷徹な合理的状態に陥らないためには、非合理的、非契約的な要素が相応に必要であり、それはまずもって社会化の結果生まれるものである。
    そういう意味では、フリーライダーは社会的に構成されるが、やがてその社会を食い潰してしまう契機にもなり、それ自体として生きながらえないという宿命も負っている。
    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック