芸術、書籍、音楽などのレヴュー。あるいは随筆。 - Revue de l'art, le livre, la musique etc, ou essai.
  • calendrier
  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
    『名画の謎を解き明かす アトリビュート・シンボル図鑑』
    『名画の謎を解き明かす アトリビュート・シンボル図鑑』
    平松洋著
    2015、KADOKAWA

    以前に、『名画で読み解くアトリビュート』(木村三郎著)という図像学の入門書を紹介したことがあったが、本著もその位置づけにある格好の手引きである。
    絵画を見る際には、第一義的にはアトリビュート(=持物、帰属物)そのものの知識は絵を楽しむという原体験において必要はない。しかしながら、描かれたものの理解、主題の解釈(客観的なもの、また画家自身の解釈)ということに踏み込もうとする際には、アトリビュートやシンボルの理解が欠かせない。
    とはいうものの、西洋の宗教や神話や文化慣習に疎い私たちには、その膨大な文献にいちいち当たってから絵を見ることなどは到底かなわない。そういう意味で、このようなハンドブックは小難しい美術論文の理解の前にまず有用である。

    本書の特徴としては、まずアトリビュートとシンボルの両方をまとめてあり内容が充実していること、次にカテゴリ別の構成とその概括的注釈により体系的な理解を促していること、最後にアトリビュートとシンボルとの違いを説明したうえで双方の関係や文脈的発展に言及していること、が挙げられる。
    花や動物や身体などさまざまな章でもって構成されているが、例えば、花を取り上げた章では、まず花の持つ意味合いやアトリビュートが語られ、その中の百合では聖母マリアのアトリビュート、純潔や処女性のシンボルとなり…、またこれらがこのようなものと結び付いて…、というような進行をとっている。
    ただ単に聖母マリアのアトリビュートが百合で、幼子イエスを抱き、青色のヴェールを装い…、という画中の決めごとに終始するのではなく、あくまでアトリビュートに焦点を絞り、それが持つ意味や文脈的発展を体系的に知ることができるようにつくられている。
    そのように理解できれば、ただ単に物語的な引用においてアトリビュートが発生している場合、あるいはそのアトリビュートやシンボルが歴史的に発展的に解釈された場合の違いを知ることができ、さらに同主題のヴァージョンの広がりや画家の個別的な主題理解に敏感になることにもつながり、絵画や主題により迫ることができるだろう。
    また、シンボルという要素も丁寧に扱われていて、そのアトリビュートが宗教性を捨象されシンボルとしてどのように絵画作品にブレークダウンされていったかを知ることで、近代以降の寓意画等における展開も興味をもって見られる。

    ハンドブックということで、内容は充実しているものの紙面等の都合、詳説やヴァリエーションは不足していることは致し方ない。
    導入以降は、自身で絵を見て、解説等を勉強していく他は近道はないが、絵画における解釈学へのアプローチにおいては本書は非常によくまとめられており、絵画を多面的に見ていくことの手助けになる。
    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。