芸術、書籍、音楽などのレヴュー。あるいは随筆。 - Revue de l'art, le livre, la musique etc, ou essai.
  • calendrier
  • 画鬼暁斎 三菱一号館美術館

    河鍋暁斎の個展です。副題が「幕末明治のスター絵師と弟子コンドル」となっており、開催場所の三菱一号館を設計したジョサイア・コンドルとの関係などにもスポットを当てるものとなっています。

    河鍋暁斎は、手がけた作品は膨大であり、そのモチーフも多岐に渡るということで、これまでその画業が体系的に捉えられてこなかった、未だに謎の残る画家です。
    歌川国芳や狩野派に学びながらも、それだけでは捉えきれない領域に画業が及んでいることは、カタログや展示作品をさらっと見るだけでも明らかです。存命中は人気絵師だったということですが、最近まで美術史上ではあまり取り上げられることはなかったようですし、今回のような幅広い画業を理解/提示しようとする試みは続いてほしいと思います。

    個人的にも、河鍋暁斎に注目が集まる中で、作品はまとまって見ることがなく、暁斎の魅力を直接知る良い機会となりました。
    制作にかける意気込みや想像力の発露はすさまじいものが感じられ、まさに画鬼という言葉がリアリティをもっています。まったく描くことに飽くことがなく、さまざまな形象が彼の脳内や絵筆から溢れ出るようなイメージさえ浮かびます。
    代表作からは、ほとんど濃淡や細かいタッチは排除されながらも強い生命力、存在感を放つカラスや、人間味があり今にも動き出すような人物の数々を見てとることができます。
    人物については、人間観察や写生を重んじているようで、手本画のようなものにも、衣服の下の体のラインが描かれているものがあったりしました。また、動きや表情の観察が十分になされているからこそ、群衆や動物の擬人画などもコミカライズされながらも生き生きとした、意志の感じられる表現になっていると感じました。
    これだけの作品量や画題を残しながらも、ひとつひとつが独特の魅力を保持しており、埋没することがありません。さらにいっそう暁斎の作品を見て見たい気持ちになる内容の濃い企画展でした。
    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック