芸術、書籍、音楽などのレヴュー。あるいは随筆。 - Revue de l'art, le livre, la musique etc, ou essai.
  • calendrier
  • 【ブダペスト】 ハンガリー国立美術館


    ブダ王宮を構成する荘厳な美術館です。
    英雄広場にある西洋美術館は国外の西洋絵画を、そしてブダ王宮の国立美術館はハンガリー絵画を扱う美術館になっています。双方を回れば、ハンガリー美術、ヨーロッパ美術を十二分に堪能することができます。

    近代ハンガリー絵画というと日本ではあまり馴染みがなく知られていないと思いますが、素晴らしい絵を残した画家がたくさんいます。この点は、同じ時期のベルギーやロシアなども共通しています。
    自分がハンガリー絵画に着目し始めたのは、2003年に文化村で開催された「ミレー3大名画展」で、このときはミハーイ・ムンカーチ、チョーク・イシュトヴァーンが展示されていましたが、この後はハンガリー画家を扱う企画展などには遭遇していません。もっと過去をさかのぼるといくつかハンガリーの美術展が開かれているようですが、今後少しずつでもハンガリー美術が日本でも紹介されていくと良いと願っています。

    19世紀のハンガリーの画家はほとんどがウィーン、ミュンヘン、パリなどで学び技術を習得しており、国外で活躍した画家も多く、諸外国の画家と比べてもまったくひけをとらないと感じます。この時期はハンガリーでもアカデミスム、自然主義、印象主義などの絵画潮流が現われ、各分野で優れた画家が輩出されています。ハンガリーの文化芸術の成熟については、二重帝国の時代背景も関係しているのでしょうか。

    さて、美術館は4階相当のつくりになっていて、階が上がっていくにつれ新しい年代の絵画のセクションになっています。
    1階(グランドフロア)は大作を展示するギャラリーになっていて、エントランスを抜けると、ベンツール・ジュラの迫力ある歴史画大作が迎えてくれます。

    見どころとなるのは、19世紀のハンガリー絵画セクションで、アカデミスムでは、ロッツ・カーロイ、セーケイ・ベルタラン、ベンツール・ジュラ、チョーク・イシュトヴァーン、印象派ではフェレンツィ・カーロイ、シニェイ・メルシェ・パールなどの絵が見られます。なぜか訪問した時はミハーイ・ムンカーチの作品がなかったです(見過ごしていたのか何なのか)。
    ロッツ・カーロイ、セーケイ・ベルタラン、ベンツール・ジュラあたりの女性像は、確かなデッサンのもと、ミステリアスで甘美な独特の雰囲気があります。
    また、Gyárfás Jenőの作品がとても人体、表情の表現に秀でていて印象に残っています。
    公式サイトでは、収蔵作品の図像をセクションごとにまとめて公開しているので、参照してみるといいと思います。

    現代美術コレクションも多く展示しています。こちらも、絵画、立体ともに非常にヴァリエーションある展示となっていて、面白く見て回ることができます。

    展示環境については、主に上階展示室で、照明が明滅していたり、照明の色が異なったりと、お粗末なところもありました。らしい、といえばそうなのかもしれません。
    また、別料金で写真撮影も可能ですが、やはりチケットを監視員に見て確認してもらわないと、カメラチケットを持っていても注意される、というようなことが起こりました。
    とにかく広くて展示量もあるので、気軽に休めるスペースやカフェなどが充実しているともっと良いと思いました。マーチャーシュ教会の方まで出れば、いろいろお店はあります。
    ネームヴァリューは劣りますが、19世紀絵画を中心にクオリティの高い作品が多数揃っているので、新たな発見をしに出かけていってもらいたいと思います。

    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック