芸術、書籍、音楽などのレヴュー。あるいは随筆。 - Revue de l'art, le livre, la musique etc, ou essai.
  • calendrier
  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
    【ブダペスト】工芸美術館


    ハンガリーを代表する建築家レヒネル・エデンの設計による美術、博物館であり、その特異な外観が目を引きます。ジプシー王の宮殿、というような異名もあるそうで、ひときわ存在感があります。
    レヒネル・エデンの設計の建物はブダペスト市内にいくつかあるので、建築を見に回ってもいいでしょう。ちなみに彼の像は工芸美術館入り口そばにありました。

    工芸や装飾を扱う美術館は収蔵・展示品が多岐に渡るものですが、この美術館もこれに漏れず、さまざまな美術品を展示しています。
    常設は展示量過多になることなく、年代順に金銀器、陶磁器などをまとまりよく展示していたのが印象に残っています。多くの収蔵品からセレクトされているだろうということもあり、とても精巧で、綺麗な品々が並んでいました。
    また、ハンガリーのレースを陳列してある展示室もあり、個人的には満足度が高かったです。現地のアンティークのレースで、質よく仕上げられた大作というのはなかなか鑑賞できる機会はないですし、テキスタイルパターンとして見ても非常に凝っていて興味深いと感じます。
    その他、現代の作品を扱った展示室もあり、これも非常に面白い作品が多く、見応えは十分でした。
    ちょっと中心地から離れてしまうのでアクセス的には良くないかもしれませんが、建築、収蔵品ともに一見の価値はあります。



    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。