芸術、書籍、音楽などのレヴュー。あるいは随筆。 - Revue de l'art, le livre, la musique etc, ou essai.
  • calendrier
  • 近づいたLast Scene または これが定めと割り切るにはちょっと切ないな ロンリーナイト
    心のベスト10第一位はこんなバンドであるGARNET CROWが解散します。
    2000年にメジャーデビューしてから、今年13年目で解散ということで、デビューから聴いてきた身としては、10代後半から現在の20代後半という期間をガーネットの楽曲をそばにして過ごしてきたことになります。いろいろな音楽を探して幅広く聴くということをしなかったので、ガーネットは自分の中で結構大きな位置を占めていたと思います。

    楽曲だけに接してきて、正直メンバーやグループの状態や経過などはほとんど知らないので(ファンクラブには入っていないし、ライブも行ったりはしていなかったので)、いろいろな事情が絡んでいるだろう解散については、個人的にどうのこうのいう気はないです。
    一ファンとしては、13年間休止状態になることもなく、クオリティを保って、これだけの作品を残してきたことが本当に素晴らしいし、尊敬します。
    全活動期間に渡って意欲的な制作を見ていると、(ファンのなかには前々から議論されていたという)解散などについて考えたこともなかったわけですが、同時に、「すべてを出し切った」というコメントも受け入れることができました。
    曲がつくれなくなった、声がでなくなった、とかで解散せざるをえなくなるのではなく、トップギアのまま走り抜けて完走する、ってのはガーネットらしくていい。

    ライブは、メモリーズのライブにいったことがあって、機会があればまた行ってみたいな、くらいに思っていたのですが、今回ラストということで先日の東京公演に行ってきました。
    メモリーズのときよりもボーカルの伸びが良かったし、メモリーズツアーのときに聴けなかった楽曲もいろいろ聴けて満足でした。
    解散についてのコメントはなかったけれど、それはラストの大阪で語られるのかもしれません。メンバーは非常に楽しく盛り上げようとやっていたのが印象的でした。

    バンドはこれを書いている時点で、2週間後に控えた大阪2公演をもって解散となります。
    毎年定期的にシングル、アルバムがリリースされてきて、これがなくなるのかというと、さみしいというか少し心に穴が空いた感じもします。
    ただ、青春時期をともにしてきた音楽なので、これからも大切に聴いていきたいです。

    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック