芸術、書籍、音楽などのレヴュー。あるいは随筆。 - Revue de l'art, le livre, la musique etc, ou essai.
  • calendrier
  • 【ウィーン】オーストリア応用美術博物館


    装飾、工芸などなどの応用美術を専門に扱う美術館/博物館です。
    Österreichisches Museum für angewandte Kunst (in Wien)で、頭文字から通称MAKと呼ばれています。

    「応用美術」の名称のとおり展示の幅はとても広く、また、展示空間や展示方法も凝ったものが多く、驚き、面白さの連続でまったく飽きさせません。
    家具、陶磁器、テキスタイルなど暮らしの中にも密着した装飾、デザインなどは、身近にあるし、直感的に違いが分かるので、詳しくなくても見ていて面白いです。
    通常の観光や絵画美術館が続いたら、こういったところに箸休め的にも行ってもいいと思いますね。

    企画展もいくつか開催していて、訪問時はウィーンの工房や日本の漫画を扱った展示をしていました。
    企画展は、本館に隣接した別館となる建物で開催されていましたが、本館と別館を合わせると随分と展示面積がありました。
    企画展も展示方法が体感的に楽しめるようアレンジされていて、常設展同様楽しめました。
    見せ方は相当工夫されていて考え抜かれているなと感心しました。

    ミュージアムショップ(デザイン・ショップという店名です)は発達していて、おしゃれな雑貨類がセレクトされているので、眺めるだけでも楽しめます。
    さらに、付設のレストラン(ÖSTERREICHER IM MAK)が有名で、ここを目当てにも行くのも良さそうです。バーもあるのでかなり遅くまで開いているようです。

    装飾工芸専門の美術館は各都市にありますが、MAKはただの美術品の羅列的な展示に終わらない部分が随所にあるので、いろいろな発見や出会いを期待して訪れて欲しい美術館です。
    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック