芸術、書籍、音楽などのレヴュー。あるいは随筆。 - Revue de l'art, le livre, la musique etc, ou essai.
  • calendrier
  • 【ウィーン】オーストリア・ギャラリー(ベルヴェデーレ上宮)


    ピクチュアを見る通り、バロック様式の豪華な宮殿美術館で、広く立派な庭園もあります。もとはプリンツ・オイゲン公の離宮としてつくられたもので、彼の死後にマリア・テレジアに売却されたとのことです。
    ベルヴェデーレ宮殿の上宮が、オーストリア・ギャラリー(オーストリア絵画館)として、近代絵画をメインとした美術館として公開されています。
    また、上宮があるということで、もちろん下宮もあります。訪問時下宮では企画展を開催していましたが、時間の都合でパスしました。
    ウィーンの地図を見ると一目瞭然ですが、上下宮殿・庭園でかなりの敷地面積を有しています。歩き回ると結構な距離になります。

    展示内容は、18世紀以降が中心です。現地で確認できたものについて以下に簡単にまとめておきます。

    18世紀絵画
    ヨハン・ロットマイヤー、ハインリヒ・ヒューガーなど。

    ロマン派
    フリードリヒの完成度の高い作品がありました。

    オーストリア絵画(ビーダーマイヤー、その他)
    フェルディナント・ゲオルク・ヴァルトミュラーの作品は人物画中心に結構な展示数がありました。
    フリードリヒ・フォン・アメリングは、女リュート奏者を描いた作品がありました。
    アメリングは数点しかありませんでしたが、十分に上手さが光っていました。ヴァルトミュラーは丁寧に細部から仕上げている感は出ていますが、少なくとも人物に関してはデッサン、構成、表現などアメリングの方が上ですね。アメリングはなぜか画集類が発達してないのが気になりました。ミュージアムショップにはヴァルトミュラーのものは企画展図録(2009年に大規模な回顧展が開かれたようです)はありました。事前にアマゾンで見たり、現地の書店も見たりしましたが、分離派より前の画家はあまり扱われていません。
    アントン・ロマコ(Anton Romako)はこの美術館でとても印象に残った画家です。あやしさを醸す独特の描写とタッチが際立っています。
    エミール・ヤコブ・シンドラーは良い風景画がいくつか展示されていました。

    フランス絵画
    ダヴィド、コロー、ジェラール、印象派、ドービニー、ミレー、ドーミエ、クールベなどの作品がありました。ドーミエはサンチョ・パンサを描いた作品があり気に入りました。

    クリムトその他
    クリムトは代表作が集まっているので、クリムトファンでなくとも鑑賞する価値ありです。クリムトの展示室は他と趣きが変わっていて、作品の静謐さ、荘厳さなどを増していました。
    また、スクエアな画面を使ったあの独特の風景画を集めた展示室もありました。クリムトの風景画をまとまって見られたのはこの美術館のみであったので、この点でも貴重だと思います。
    その他、ココシュカ、エゴン・シーレなどのコレクションも充実しています。

    その他
    20世紀絵画もかなり多くあったように記憶しています。画家の自画像のコレクションもあったように思います。

    **

    以上のように、展示内容は多岐に渡り、展示量・面積も多いです。十分な時間をとって鑑賞に臨むか、分離派など目的を決めてスポット的に見てくるのが良いと思います。上下宮を回るとすると、休憩なども含めて半日強~1日がかりになってしまうと思います。
    オーストリア絵画を見るには、ウィーンミュージアム カールスプラッツよりも充実した美術館であり、近現代の西欧美術コレクションも質が高いので、個人的にはウィーンの美術館の中では満足度は高かったです。建築を見たり庭園も散策できたりしますのでおすすめです。

    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック