芸術、書籍、音楽などのレヴュー。あるいは随筆。 - Revue de l'art, le livre, la musique etc, ou essai.
  • calendrier
  • 【プラハ】プラハ王宮美術館


    プラハ王宮付属の美術館です。チケットも王宮と共通になっています。
    大きな展示室が3つくらいで、程よい広さと展示量の施設だと思います。
    木の床、赤い壁に緑の長椅子が映えていました。

    展示作品は、16-17世紀のルネサンス、バロック絵画がメインです。
    共通券で入れる施設で、詳しく紹介している観光案内もないので、あまり期待はできないと思いきや、有名画家の作品を多数公開しています。
    ルドルフ2世のコレクションがもとになっているとのことです。
    時間があれば、聖ヴィート大聖堂や王宮だけではなく、この美術館も併せて見学する価値は十分にあります。
    美術館はピクチュアの通り、こじんまりとした入口くらいしか目印がなく、目立たないのですが・・

    ○鑑賞できた主な作品
    ハンス・ホルバイン、スプランヘル(聖人、寓意画)、クラナハ、ルーベンス(受胎告知小品、オリンポス山の神々を描いた縦2m超の大作もあり)、レーニ(「ネッソスに略奪されるデイアネイラ」)、ティツィアーノ(女性像)、ヴェロネーゼ
    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック