芸術、書籍、音楽などのレヴュー。あるいは随筆。 - Revue de l'art, le livre, la musique etc, ou essai.
  • calendrier
  • 没後70年 竹内栖鳳 山種美術館


    ※展覧会は終了しています。

    近代日本画の巨匠、竹内栖鳳の回顧展です。
    今年(2012年)は竹内栖鳳の没後70年にあたるそうで、これを記念しての企画展になっています。展示作品は、山種美術館のものがメインとなっていて、同館の所蔵作品の充実ぶりを改めて実感します。いくつかのセクションに分けて、初期作品から晩年作品まで、小品から大作まで、と栖鳳の画業をいろいろな角度から俯瞰することができます。

    展覧会は前期・後期と展示替えを行っています。
    やはり、あの展示環境では展示する作品数にも限界があるのは明らかなので、これは仕方ないとは思いますが、個人的には、展示スペースがあるところで展示替えを行わないで一度に見せてほしいと思ってしまいますね…
    サイズはA5と小判になっていますが、図録も制作・販売されています。

    栖鳳は、素描を重んじて、それを毎日繰り返したそうで、素描や対象の観察の重要さを説いています。このために、家では、実際に多くの動物を飼育していており、「班猫」のモデルの猫を制作のために買主から譲り受けたという有名なエピソードも残っています。こうした栖鳳の態度や言動からは、作品制作にかける並々ならぬ意気込みを感じます。確かに、対象の観察が入念になされていることから、動物のリアルな表現が、例えば毛並みなどの質感のみならず、動き、しぐさ、表情といったものにまで感じられるのです。加えて、このような裏付けがあるからこそ、大胆な描き込みの焦点化や省略をしても、それが却って作品の構成に資する効果を持つレベルにも達しています。特に、二頭の虎を描いた「双雄」では、虎の顔以外などは、描き込み、塗り込みが抑えられていますが、これが作品の良いバランスを保っていて、虎の存在感を高めています。さらに対象は、勢いある筆さばきや、動態的な構図でもって表現されており、鑑賞者は目の前にリアルな虎やそれを取り巻く蘇鉄を描くことができます。こうした大胆な画面処理や、練られた構成を直に体感すると、やはりその下の観察や素描の繰り返し・積み重ねの確かさを納得してしまいます。

    東の大観、西の栖鳳といわれながらも栖鳳の認知、評価は上がっていないことが図録でも解説されていますが、雑誌記事によると2013年には国立近代美術館、京都市美術館で回顧展が催されるそうです。注目が集まって、いろいろな作品を見られるようになるといいですね。
    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック