芸術、書籍、音楽などのレヴュー。あるいは随筆。 - Revue de l'art, le livre, la musique etc, ou essai.
  • calendrier
  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
    イリヤ・レーピン展 Bunkamura


    ロシアの国民的画家、イリヤ・レーピンの回顧展です。
    2009年に同じく文化村で開催された「忘れえぬロシア展」に続き、モスクワのトレチャコフ美術館のコレクションで構成されています。

    レーピンの作品は、トレチャコフ美術館に行った時にもいくつか見てきているわけなんですが、今回は、常設展示していない作品、デッサン類なども多く公開されるため、本当に待ちに待った企画展でした。

    内容構成は、一流の肖像画家としてのレーピンの魅力を存分に呈示するものとなっており、最初から最後まで目が離せないような充実ぶりです。
    ムソルグスキー、キュイ、クラムスコイ、トルストイなどロシア史を飾る大物の肖像や、家族の肖像、自画像など、どれも描かれた人物の雰囲気、たたずまいまでを伝えるかのような作品ばかりです。
    また、歴史画でも、特にその人物表現は際立っており、「皇女ソフィア」「ゴーゴリの自殺」などでも鬼気迫るものを感じさせる圧倒的な表現・構成をしています。一家の主人の帰還場面を描いた「思いがけなく」(上図)なども、表情や人物構成などがとても良く練られています。
    デッサン類も非常に洗練されたものであるので、これも見る価値があります。

    展覧会は、東京展を皮切りに、静岡・兵庫・神奈川と各地を巡回しますが、前期/後期で展示替えがあります。見どころとなる油絵の肖像画などは展示替えはないのですが、デッサン・水彩類などは展示替えがあります。
    機会が設けられたら、最終の会場となる神奈川県立美術館・葉山に行ってみたいと考えています。

    カタログは資料的な価値はありますが、いかんせん図像の解像度、色調再現などが悪いのが残念。デッサンにしても、線がつぶれぎみになってしまって、もうちょっと、といいたくなるほど。やはり、直接見て感動を胸に刻んでおくよりかはないです。
    ハガキなどもほとんど絵を引き延ばしてしまっており、こういうのはいつもよろしくないと感じてしまいます。

    今年の展覧会では、レーピン展は最上のものだと思いました。日本では、あまりレーピンというか、ロシア美術は浸透していませんが、評価が高まればいいかなと思います。
    それにしても、文化村はセガンティーニ展など、良い企画展が多いですね。
    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    1913年ロマノフ王朝成立300年記念祭 経済の好況は続いていたが、この国は不機嫌で、同時に野蛮で、むら気だった。心なき破壊者が当時評判の画家イリヤ・レーピンの傑作「イヴァン雷帝」を引き裂いた。 あるジャーナリストに寄れば、これといった目だった動きはなかったが「価値観の喪失、教育の荒廃、道徳観の完全に欠如した時代」の徴候はあった。小説家アレクセイ・トルストイはこう書いている。「何百万ルーブル...
    2014/06/26(木) 21:11:25 | 投資一族のブログ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。