芸術、書籍、音楽などのレヴュー。あるいは随筆。 - Revue de l'art, le livre, la musique etc, ou essai.
  • calendrier
  • ワシントン・ナショナル・ギャラリー展 国立新美術館


    ワシントン・ナショナル・ギャラリーの19・20世紀フランス絵画の展覧会です。
    これほどの質・量の作品が貸し出されることはない、というような感じらしいですが、同美術館の大規模改修の機を捉えて、良質の作品がまとまってみられるのは本当にうれしいです。

    混雑を予期して、平日にいったのですが、雨ということもあって、予想よりも落ち着いて見ることができました。展示スペースの広さを活用し、作品が置かれているのも良いと思いました。

    展示内容は、版画作品のセクションを除外すると、印象派以前・周辺、印象派、ポスト印象派、の三つに分かれています。

    印象派前のところでは、クールベ、マネが良いと思いました。特にマネは作品数もあり、それぞれが魅力を持っています。厚塗りで大ぶりな筆の処理で独特な質量感を表現しています。描き込みのバランスが秀逸なのだと思います。静物でも部分的な塗り込みを抑え、全体の調和を考えて仕上げているようです。

    印象派のセクションはメインとなっているだけに、大作もいろいろ集まっていました。
    ドガは、横浜のドガ展でも出展された「落馬した騎手」や、「アイロンをかける女性」(上図)が気になりました。「アイロン~」は中間色の表現に非常に長けた作品で、塗り込みや色の深みのおかげで軽くなっていないところも良いです。きらびやかに色が配置されているわけではないですが、綺麗にまとまった油彩になっています。
    カサットの作品も見どころだと感じました。図版の表紙になっている「青いひじ掛け椅子の少女」は見に行く前から気にかかっていたのですが、実際に見ると印象が変わる作品でした。図版で縮小された全体図を見ると綺麗な作品という感じがしますが、近くで実物を見ると、ソファの処理はかなり荒っぽく、色がキャンヴァス上で混じり合って汚くなっているように見受けられます。けれど遠くから見ると、良い塩梅にソファの色が沈んでアンニュイな少女を引きたてながら落ち着いて発色している印象を得ます。カサットは顔の表現でもそうですが、こういう色の遣い方は考えているなと思います。パステル画などでも上手く表現しています。
    モネ、ルノワールは初期の作品が来ていました。

    ポスト印象派は、2点のスーラ作品が気に入りました。遠くから見渡して点描の効果を楽しむのに加え、近くで見るとどのような色で処理されているのか、を見るのも面白いです。
    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック