芸術、書籍、音楽などのレヴュー。あるいは随筆。 - Revue de l'art, le livre, la musique etc, ou essai.
  • calendrier
  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
    小松未歩 3rd album ~everywhere~


    小松未歩は現在、7thアルバムまで出しています。アニメの主題歌などで昔は良く耳にしたという方も多いと思いますが、今もきちんと活動し、シングル、アルバム両方とも一定期間でリリースし続けています。あまり、メジャーに知られてこないのは、やはり彼女のプロモーションの仕方ですね。CM以外でTVでの露出は決してしないし、雑誌も所属スタジオの以外は出てきません。ライヴもしないし。とても慎ましやかで、僕なんかは好感が持てます。

    7つもアルバムがあれば、ファンの人でも好きなものは分かれると思いますが、まず紹介したいのが、3rd。有名曲が多く、アップテンポ気味の2ndと比べても、抑え気味の、割合落ち着いた曲が目立ち、ここから作風がすこし変化してくるところかな、と思います。
    独特の、あまり抑揚とかはつけないさらっとした声質に、独自の歌詞をテンポ良く歌っていて、聞いていると安心できるというか、落ち着ける曲が多いと思います。
    この3rdでいえば、特に「BEAUTIFUL LIFE」「夢と現実の狭間」とか。その代わり、あまり自己主張の強い、アクのある曲はほとんどないので、聞いて盛り上がりたいという人には向きませんね。
    それと、歌詞は、恋愛を歌ったものが多く、そういう点では全く女性向きなんでしょうね。でも、ストレートな気持ちが表現されていて、分けのわかんない英語をちりばめたような歌詞と比較するまでもなく、詩の良さは伝わってきます。

    また折に触れて他のアルバムも取り上げたいと思います。
    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。