芸術、書籍、音楽などのレヴュー。あるいは随筆。 - Revue de l'art, le livre, la musique etc, ou essai.
  • calendrier
  • ウフィツィ美術館自画像コレクション 損保ジャパン東郷青児美術館


    有名なウフィツィ美術館の自画像コレクションを紹介する展覧会です。
    膨大にある自画像コレクションから80点ほどが来ていました。

    カタログも買わなかったし、ウフィツィ美術館の自画像コレクションの成り立ち・歴史・位置づけについては知らないのですが、画家・美術(界)を社会科学する、という意味においても興味深い対象であるかな、とぼんやり思いました。つまり、自画像という主題、権威的機関の存在、その主体的な行為(権威付け、認知、収集など)、画家の寄贈・自己認識、などなどの要素を介在させる「自画像コレクション」というものが、美術(界)における、自己表象や社会的な認知の仕組みを探るのにいくつもの良い事例を提供しうる題材だと思ったわけです。
    あまり深くは考えなかったので問題提起で終わりますが、これについては美術史論文・社会科学論文でも読みたいと思いました。

    展示されていたコレクションは、前衛的な現代美術的なものが結構多くて個人的には後半は流し見になってしまいました。日本人のものも展示されていましたが、図画工作的な装いがまぬかれないような感じに見受けました。やはり自分には前衛やポップは理解・内省できないのかと思われます…
    気合いが入っている??自画像は、個人的な趣味の範囲でいえば、レンブラント、ル・ブラン、アングル、レイトン、シュトゥック、クラウスくらいかなと。あとは、ニコラ・ファン・ハウブラーケン、ヨハンネス・グンプの自画像の構成の仕方、エリザベート・シャプランの色遣い・塗りが気になりました。ローザ・ボヌール作とされている女性像もかなり気品良くまとまっていて印象に残っています。

    ル・ブラン、レンブラント、アングルはかなり良かったです。
    ル・ブランのものは、構成的に、画家であることと女性であること、二つのアイデンティティの表現がかなり上手くいっている作品だと感じました。人物の表現の美しさはもちろんなのですが、色の構成にも目を見張るものがあり、くすんだ背景、漆黒のドレス、と抑えられた画面に赤いリボンが大胆に配されていて、それが全体を引き締めるかのような緊張感を画面に与えています。なかなか赤の遣いというのは難しいのかと思いますが、この女性像については反則的に機能しているような印象です。
    レンブラントは、表情は暗闇から浮かび、逆にそれ以外は暗闇に沈んでいくような明暗や塗りの使い分けがされていて、さすがに自画像が神々しい雰囲気さえ持っているかのようでした。
    アングルは、寄贈依頼を受けたもの、虚栄と受け取られるのを嫌ってかかなり制作が遅れた、と書いてありました。そのようなアングルの厳しさを伝えるような自画像になっていて、全体がすごく抑えめな色調で、流麗に仕上がった正統的な自画像のような趣です。
    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック