芸術、書籍、音楽などのレヴュー。あるいは随筆。 - Revue de l'art, le livre, la musique etc, ou essai.
  • calendrier
  • 三菱一号館美術館
    今年4月に丸の内にオープンした「三菱一号館美術館」にいってきました。
    オープン記念の企画展として「マネとモダン・パリ」展が開かれています。

    場所は丸の内、ってことでアクセスしやすいし、丸ビル周辺でのウィンドウショッピングも兼ねたり、と良いところにできたと思います。
    美術館という目的の建築ではないので、開かれた展示室があまりないのが気にもなりますが、各部屋を巡りながら絵画を見ていくと、それなりの趣を感じることができます。
    自分は、一通り目を通した後に、再度、最初の展示室から観賞することをしますが、そういう場合は、長く連なる部屋を逆走するよりかは、トイレ横の階段で階を移動するのがいいと思いました。

    さて、展覧会は、マネの回顧展となっていますが、それだけではなく、「モダン・パリ」とタイトルにもあるように、当時のパリの近代化の様子が分かるような資料・作品も交えてマネ作品を一望できるようになっています。
    全体を見て軽く思ったのは、マネの絵はある種、デザイン的であるということです。
    構図や装飾的な構成という面もありますが、全体としてそんなに絵画・油絵的な感じがしないし、そういう意味であの時代にあってかなり前衛的であると思いました。
    人物の顔なども、人肌を質感で表しているようなものは少なく、厚化粧をされたような均一な厚い塗りで処理されているのも印象深かったです。
    この辺は印象派よりも古典から遠い位置にいるような気がしました。
    見どころとしては、モリゾ関連の絵画、広間の展示室にある「死せる闘牛士」「街の歌い手」などを個人的には挙げさせてもらいます。

    これからも、企画展をやるスケジュールがあがっているので、注目していきたいと思います。
    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック