芸術、書籍、音楽などのレヴュー。あるいは随筆。 - Revue de l'art, le livre, la musique etc, ou essai.
  • calendrier
  • アリス・イン・ワンダーランド
    一アリス読者として、今公開中の表題の映画を観てきました。

    アリスその後、を物語にした映画で、いろいろと製作者の自由度をきかしてつくるのにはいい設定だったのかと思いました。(先のるろ剣しかりで)

    ディズニー系ってことで、不思議の国と鏡の国を混ぜた世界で物語は進行していきます。
    内容的には、鏡の国の設定が多くちりばめられており、「ジャバウォックの詩」に登場する怪物が実際に登場したりと、いろいろと面白く消化していると思いました。あのヤマネもまるで別人のよう。
    いうまでもなく、原作中のアリスは特別な使命感をもってワンダーランドを巡っているわけではないのですが、この映画のアリスは世界の命運を握るファンタジーの勇者さながらで、お国のために立ち上がる鎧姿は、オルレアンの少女みたいでした。
    そんなわけで、ワンダーランドを見事に映像化し、そこを自らがのぞいていく楽しみもあり、手に汗握るバトルチックな要素もふんだんにあり、なかなか映画としてはまとまっていたんじゃないかと思いました。
    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック