芸術、書籍、音楽などのレヴュー。あるいは随筆。 - Revue de l'art, le livre, la musique etc, ou essai.
  • calendrier
  • 等伯展
    国立博物館平成館での長谷川等伯展にいってきました。

    予想はしていた通りですが、かなりの混雑でした。
    ロッカーに荷物いれようにも空きロッカーが見つからない、というロッカー難民状態を経験したほどです。
    混雑がひどく、体力的にも前列まで見ることがかなわなかったし、等伯については良く知らないこともあるので、今回は軽く感想をつづっておくだけにします。


    没後400年を記念した回顧展ということで、傍目からみてもすごいクオリティーだなと思いました。
    等伯という画家のイメージはほとんど持っていなかったので、見る作品ごとに等伯の見方がかわっていく、というような印象を受けました。
    初期の仏画の多さも驚きましたし、さまざまな画家・様式を学びそれを体現した作品群には画家の並々ならない意気込みが伝わってきました。
    これが同じ画家が描いた絵なのか?と疑いたくなるほど、それぞれの様式をお手のものとして操っているな、と思いました。
    そして、目玉となる松林図屏風がくるわけです。
    先日放送された『美の巨人』の紹介に、類似した作品が見当たらない、とありましたが、個人的にもそう思いました。同じ場所で、あれだけのヴァリエーションを見せられたあとにまた「松林図」ときては、等伯という画家が何ともつかみにくい人物だとお手あげ状態となってしまいました。
    作品を観る前は、もっと淡く、たらしこみのような感じの筆致でかかれたものと思っていました。作者不明「月下松林図屏風」という、実物よりもより幻想的な参考作品の方が持っていたイメージに近かったです。
    しかし、(初めて見た人は一様に感じたのではないかと思いますが、)等伯「松林図」は、そのようなイメージとは大分異なっていて、強く、荒々しく、そして簡潔に描かれていました。
    美の巨人では、これが下絵として描かれたもの(という可能性がある)、ということも知りましたが、この「下絵」に至る下絵・習作がもっと見つかるべき、と後から感じるほど、迷いなく、確信をもって描かれていると思いました。


    次は京都ですね。
    かなりの関心を集めている展覧会ですので、京都も終わりまで盛況となるんだろうと思います。
    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック