芸術、書籍、音楽などのレヴュー。あるいは随筆。 - Revue de l'art, le livre, la musique etc, ou essai.
  • calendrier
  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
    syrup16g syrup16g


    syrup16gの最後のアルバム。
    このアルバムがリリースされてちょっとして武道館ライブをしてバンドは解散してます。

    個人的には、シロップの中では、一番に聞いているアルバムです。
    シロップの曲の中には、ライトリスナー向けとしてはあまり馴染まないというか、メロディーラインが弱いような曲がいくつかあるように思いますが、このアルバムは、そういう意味では、スローテンポ・アコースティック・美メロなどの要素のある曲が多めで、聴きやすいのかなと思います。
    加えて、それまでのシロップの歌詞にあるような、陰鬱でダウナー系の印象からも外れる、ある種の意思・主体性が感じ取れる歌詞も魅力だと思います。もちろん、それまでの歌詞の世界も、今の時代のリアリティを独自の視点で提示しており、鋭く喉元に迫るようなインパクトがありますが、このアルバムはそのリアリティを放置気味に描き出すだけではなく肯定的に受け止めていこうとする力が自分には感じられます。

    歌詞、メロディともに気に入っているのが、「さくら」、「バナナの皮」、「イマジネーション」、「夢からさめてしまわぬように」です。
    最初にバナナを聴いた時はシロップのイメージが変わりましたね。
    最後のアルバムで新たな側面を見せてくれて、今振り返っても解散が惜しまれるバンドですが、このアルバムを一通り聞くと、解散までの流れも納得できるというか。。
    仕事で車を運転しますが、車内でよく聴いてたりします。
    最後にちょっと、上で挙げた歌詞の一部を載せてみます。

    「さくら」
    すべてを失くしてからは ありがとうと思えた
    これはこれで青春映画だったよ 俺たちの

    「バナナの皮」
    条件はいらないよ この一瞬に全部捧げて
    後悔など無かったって 笑って言えるなら それが最高じゃん

    「イマジネーション」
    成功するのがすべてとは 今でも思っていないけど
    守るため強くなる 必要はあるんじゃないか

    「夢からさめてしまわぬように」
    苦しまないで 後悔などしないで
    みんな何事もない日々が当たり前なんて思ってないから


    Thanks to TBL
    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。