芸術、書籍、音楽などのレヴュー。あるいは随筆。 - Revue de l'art, le livre, la musique etc, ou essai.
  • calendrier
  • THE ハプスブルク 国立新美術館


    ハプスブルク家の肖像画や絵画・工芸コレクションなど、ハプスブルク家ゆかりの名品を集めた展覧会です。東京展は新美術館で12月14日までやっています。
    結構人の入りの良い展覧会ですが、流石に閉館前1時間くらいは休日でも落ち着いて見られるようです。
    ウィーン美術史美術館の所蔵作品がメインということで、過去にも日本に来た作品も何点かありましたが、セクションごとに良くまとまっていて、クオリティ的には十分な内容でした。
    構成は、ハプスブルク家の肖像画から始まり、イタリア、ドイツ、(工芸、)スペイン、フランドル絵画と明確に分けられた章からなっています。

    )ハプスブルク家の肖像
    意外にも作品数は少なかったです。王家の肖像とあって、誇張表現がすごかったです。
    アンドレアス・メラーの「11歳の女帝マリア・テレジア」は、マリア・テレジアにもこんな時期があったんだなと思わせる少女像ですが、質感の描き分けには意識がいっておらず全体をツヤっぽく仕上げていて、まるでおとぎ話のような感じになっています。
    画風、表現の違いでいえば、時期は違えど同じフランツ・ヨーゼフ1世を描いた2点が好対照だと思います。ミハーイ・ムンカーチの作品は、しわもはっきりと、生々しく皇帝の表情を描いていますが、それが逆に威厳と気品を感じさせたりしています。ムンカーチは自然主義、リアリスムの画家なので他の画家とは立場が違うといえばそうですが。
    ヴィンターハルターの絵も骨格を直しているような感じですが、さすがに仕上げ方が上手い。タッチを活かすところは活かして、表情は綺麗に滑らかに、というような感じですね。

    )イタリア絵画
    ティツィアーノが見所かなと思いました。
    彼のパトロンであった「イザベラ・デステ」の肖像画は、遠くから見たら目立たないような作品ですが、きちんと見ると良いところがいくつも見えてくる絵だと思います。各所の描き分けはもちろん、表情のつくりなどは全く古さを感じさせません。人物意思や緊張感まで伝える技術や、他の16世紀の画家とは一線を画するリアリスムなど、とてもティツィアーノの作品は魅力的ですね。
    その他では、「聖母子と聖家族」という作品がありましたが、この作品はちょっと同じ画家の作品とは思えませんでした。ティツィアーノの描くような顔や塗りではないように見受けられるのですが、こういった作風の絵も他のあるのでしょうか?

    他の画家の作品では、アントニオ・ブッリーニの「オルフェウスとエウリゥディケ」が気になりました。人体構成やパースはあまり正確とはいえませんが、躍動感ある劇的な画面構成が奇抜だなと感じました。

    )ドイツ絵画
    デューラーの絵が貴重であると思います。他はクラナッハとか。あまり見ていて気持ちの良いものではないんですが。
    )スペイン絵画
    総数は少ないものの、スルバラン、ベラスケス、ムリーリョ、ゴヤと一通りあるセクション。固いけれどムリーリョの大天使ミカエルが良かったかな。
    )フランドル絵画
    ヴァン・ダイクの作品が光っていました。この画家も同時代の画家の中では際立っていると思います。3作品ほどありますが、精緻で落ち着いたデッサンや構図は共通に、仕上げ方は作品ごとに効果的に変化を持たせています。
    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック