芸術、書籍、音楽などのレヴュー。あるいは随筆。 - Revue de l'art, le livre, la musique etc, ou essai.
  • calendrier
  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
    モンタギューおじさんの怖い話



    『モンタギューおじさんの怖い話』
    クリス・プリーストリー 三辺律子訳
    理論社,2008

    エドガー少年が、年齢・身分不詳のモンタギューおじさんから怖い話を次々と聞いていくという内容の本です。千夜一夜形式で、前に紹介した『不思議を売る男』に近いです。

    おじさんのうちにある不気味アイテムにまつわるエピソード(これはある共通点があります)がエドガーに語られ、エドガーはもう一話、もう一話とおじさんの話を引き出していきます。
    けっこう回りくどい文体ですっと頭に入ってきませんが、それがまた良い味をだしているのだと思います。
    怖い話は短いですが、どれも不可解でぞっとするもの。まあ、ちょっと時間軸的に説明できないパターンの話があったりはしますが。
    ラストはちょっとシビア。対象年齢は描いていないですが高学年向きでしょう。

    イラストレーターはデイヴィット・ロバーツというイギリスの作家で、コミカルですが繊細で雰囲気ある絵を提供しています。
    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。