芸術、書籍、音楽などのレヴュー。あるいは随筆。 - Revue de l'art, le livre, la musique etc, ou essai.
  • calendrier
  • フランス絵画の19世紀 横浜美術館


    19世紀フランスのアカデミスム絵画にスポットをあてる稀有な展覧会です。
    個人的にはまさに願ったり、という展覧会でして、開催を知ったときは驚きました。
    フランスの小さな美術館までいって見てきた絵と思いがけなく再会したりと、ちょっと感動…、な展開もありました。

    本展は、「島根県立美術館開館10周年、横浜美術館開館20周年および横浜開港150周年を記念して開催」されるもので、島根と横浜のみの巡回となります。
    かなり久しぶりに横浜まで行きましたが、開放的で、買い物や食事するのにもクオリティがあり、良い街だなあと思いました。西欧様式な横浜美術館も、堂々と、また広々としていて良い美術館でした。


    フランスのアカデミスムを概観することのできる本展は、4章構成でアカデミスムの歴史を振り返ることのできる内容になっています。
    ダヴィドやアングルによる新古典主義の確立から始まり、アカデミスムを第一世代から第三世代に区分けしそれぞれの時代のアカデミスムを探ります。ロマン主義や自然主義、印象主義の作品と対比させながらアカデミスムの様式の変遷を辿る、というように展示の幅、バラエティがあるのも工夫されている点だと思います。
    Ⅰ章は、「アカデミスムの基盤 新古典主義の確立」というタイトルの通り、19世紀アカデミスムの基礎をつくった、ダヴィド―アングルのラインで構成された新古典主義を見る章となっています。グロやジェラール、トリオゾンといった、ダヴィドの優秀な弟子の作品も紹介されており、作品は少なめですが、内容のある導入部になっています。


    Ⅱ章は、「アカデミスム第一世代とロマン主義の台頭」と題されたセクションです。ロマン派は、新古典主義と対立構図で語られ、異なった様式のみが特徴づけられがちですが、この章では、アカデミスムとの親和性に着目し、「いずれの流派もアカデミスムの伝統と分かち難く結び付いていた」面を示唆しています。

    シェフェールは、ロマン主義画家に数えられますが、アカデミスムの様式との結びつきを見る上では良い画家だと思います。シェフェールの作品の、滑らかな肌・衣服の表現の仕方や、正確なデッサンはロマン主義のカテゴリにははめきれないところです。ロマン派美術館から作品が来ていますが、まさかここで対面するとは思っても見ませんでした。それにしてもファウストに取材した「糸巻きのマルガレーテ」は、技術的にも文句なしのつくりですが、加えて心理描写にも長けた傑作だと思います。

    さらにⅡ章では、ポール・ドラロッシュの「クロムウェルとチャールズⅠ世」(上図)に注目したいです。横幅約3メートルの大画面に、棺に収まったチャールズⅠ世の亡骸を一瞥するクロムウェルの姿が描かれています。一応歴史的な出来事を扱ったものですが、大変に生々しい絵で(クロムウェルも普通の小太りな中年として描かれていたり)、当時も物議を醸した絵であったとのこと。クロムウェルと、その視線の先のチャールズ1世の亡骸に視点が行くように構図・色彩的に構成されており、劇的な演出に長けていると思います。


    Ⅲ章「アカデミスム第二世代とレアリスムの広がり」になると、エネル、カバネル、ジェローム、ブグローなど、アカデミスムを彩る画家たちが登場してきます。また、個人的にはトマ=クチュールの作品が見られたのが良かったです。

    クチュールは「黄金への欲望」(1844年、オーギュスタン美術館蔵)、と「ダモクレス」(1866年、カーン美術館蔵)の2点があります。前者は初期の作品あたり、守銭奴と彼をかこむ人々を劇的に描いた作品です。後者は古代ギリシャのダモクレスが鎖に繋がれた状態で瞑想している場面を描いた絵です。双方共に、クチュールの絵に特徴的な、厚く堅牢で、乾いたような絵肌と、上手く表情がのり、がっしりとしている人物描写が認められます。
    つやつやでいかにも、といった古典主義的な絵画とは距離のあるクチュールの絵は、今見ても決して古臭くなく、独特の魅力を備え、堂々とある印象です。図録には、クチュールの位置づけや、未完成作品の多さの背景などが考察されています。

    またⅢ章では、「ヴィーナスのサロン」と呼ばれた1863年のサロンに出展されたヴィーナス作品が、見所になっています。カバネル、ポール・ボードリー、アモーリ=デュヴァルの作品です。ただ、カバネルのはオルセーのレプリカ作品で、デュヴァルのは横浜展には出展されていません。それぞれの立ち位置や表現の方向によって、同じような主題がそれぞれに異なってくるというのが良く分かる作例ですね。

    それと、忘れてはならないのがジェローム。作品自体の魅力はこの際別として、この人の技術はとんでもないです。筆跡自体がほぼ見受けられないので、筆の迷いであるとか遊びみたいなものとは全く別次元にいる感じです。彫刻も一流で、印象派らの敵役みたいに語られる場面もありますが、過去を見渡してもその技量があせることのない第一級の芸術家であると個人的には思っています笑。


    Ⅳ章は「アカデミスム第三世代と印象派以後の展開」となっており、アカデミスムが19世紀・20世紀初頭の諸流派にどのような影響を与えていたのかを見ていく、総括的であり全体をフォローするような章となっています。印象派作品へのリファーは割愛するとして、ここではラファエル・コランの作品が気になりました。
    印象主義的な、色彩の混じる草原に寝そべる裸婦、端整に表情が描かれた大人っぽい少女像など、魅惑的な作品が展示されています。
    ポール=フランソワ・カンサック「青春の泉」は、はっとさせられる作品だと思います。
    生々しいというか、血の通ったリアルな裸体表現(色彩・肉体表現とも)であり、まさかアカデミスムの作家の作品だとは見えなかったほどです。ボルドーの画家で、ジェロームに師事しています。



    横浜美術館で8月いっぱいまでの開催です。横浜美術館に展示されていない作品もあったりますが、クオリティのある、そしてピンポイントな展覧会であるので、機会があったらもう一度訪れたいものです。



    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック