芸術、書籍、音楽などのレヴュー。あるいは随筆。 - Revue de l'art, le livre, la musique etc, ou essai.
  • calendrier
  • スタジオジブリ・レイアウト展 東京都現代美術館


    ジブリ映画のレイアウトを大規模に見せてくれる展覧会です。
    さて、レイアウトとは、公式HPでは「一枚の紙に、背景とキャラクターの位置関係、動きの指示、カメラワークの有無やそのスピード、撮影処理など、そのカットで表現される全てが描かれた映画の設計図とも言えるもの」と説明されています。レイアウトには、どのようにアニメーションを組み立てていくかのアイデアがつめ込まれており、そのディテイルやプロトタイプとして見ることができます。絵画でいえば、最終カルトン(下絵)に至る、様々な断片的スケッチや小下絵のような位置づけでしょうか。完成作品の裏側をのぞくことができるということは、とても貴重であり、やはり楽しいものです。

    出展作品は、最新作「崖の上のポニョ」までの宮崎駿監督作品はもちろん、「海がきこえる」「猫の恩返し」「ゲド戦記」などのジブリ作品を網羅しており、さらに、ジブリ創設以前に宮崎駿が手がけた「ハイジ」「未来少年コナン」などもあります。そのため、相当な数のレイアウトが犇めいている、といった展示会場になっていました。
    人口に膾炙しているジブリ作品とあって、とても親しみを持って見られることは確かであり、名シーンのレイアウトを、アニメーションを思い起こしながら楽しめると思います。しかし、その一方で、かなりマニアックな展示であるともいえるでしょう。ジブリ映画そのものに詳しい人や、大枠でアニメーションに携わっている人でないと、深く味わえない展示であるとも思いました。それほど、レイアウトを前面におす今展は、完成作にいたる過程、という見えにくい部分をさらけ出している展覧会であり、ただ単に美術を見せる展覧会ではないと感じます。

    初めて見たレイアウトというものですが、線をなぞっているものもあると思いますが、鉛筆の線が柔らかく、かつスマートであって、全体が色鉛筆か色コンテのようなもので淡く色づけられていて、スケッチ風の絵として鑑賞できるものもありました。レイアウトでも手が抜かれていなく、細やかにディテイルが書き込まれたのもなどは、あっと驚かされ見入ってしまいます。特に、数の多かった「千と千尋」や、「もののけ姫」「ハウル」などは、躍動感あるレイアウトやメカニックや背景のディテイルが多く、見所かなと思いました。

    ありていにいってしまえば、ジブリ作品には、世界観というものが重要なキーになってくる作品が多いからこそ、それらをひとつひとつ具現化する設計図が、構想豊かに綿密に仕上げられている必要があるのだと思います。こういった企画はこれからも期待したいです。
    展覧会は9月28日までです。



    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック