芸術、書籍、音楽などのレヴュー。あるいは随筆。 - Revue de l'art, le livre, la musique etc, ou essai.
  • calendrier
  • 深夜にTBSにまわして パヌッチのために祈るようなそんな気にもなるのかなんて考えたりするけど
    絶対に負けられない、ルーマニア戦です。
    イタリアは、グロッソ、キエリーニ、デロッシ、ペロッタ、そしてデルピエロをスタメンに投入。中盤をローマ化してきて、待望論があがったデルピエロをSTとして使ってきました。

    ゲームは、負けられないイタリアが、ボールをキープして攻めるシーンが多かったですね。ルーマニアは高い位置からプレッシャーをかけようとはしないので、サイドから放り込むのが主になってました。トニはなかなかミートしてなかったですが、徐々にポストプレーやヘディングがあってきてたようでした。しかし、ルーマニアのディフェンスが良い! キーパーは神がかっていました。

    そして前半ロスタイムには、ついにトニが頭で合わせてゴール!
    と思いきや、オフサイドでノーゴール判定…。
    …僕にはよく分かりません。これからきちんとしたオフィシャルな回答が出てくるのを待ちましょう。

    後半はやや疲れが見えてきたのか、前半のような押せ押せはなくなって、両者のせめぎあいという感じでした。そうしてるうちに、ザンブロッタが痛恨のバックパスのミスで、ムトゥに一点決められてしまいました…。これは!と思ったから、次のCKでなんとパヌッチがゴール。ゴールした後の、パヌッチがダンディ過ぎる!

    パヌッチがいいところを見せて、これからだ、と見ていたら、なんとPKをとられてしまうという展開。これでユーロ終わりか、フランス戦は消化試合だなあ、なんて思っていましたが、ブッフォンの神セーブ! それにしても、キーパーが輝く試合が多い。


    ということで、1-1の引き分けで、望みをつないだ感じです。
    ルーマニアが引き気味で、クロスをあげさせていたので、なかなか崩して決定機をつくれなかったのは残念なところです。もう最後は、トニの爆発にかけるしかないですね。
    トニ、そしてボリエッロがいるので、フランス戦は2トップにしてみても面白いかなと思いますが、どうでしょうか? グロッソ、ザンブロッタがチャンスメイクできていて、トニのポストプレーもあるので、ここいらで2トップ、その下にデルピエロというパターンも見てみたいです。
    あとは、カッサーノに期待。ちょっと狙いすぎなパスを出してましたが、しかけてエリア内でチャンスメイクもして欲しいです。

    それにしても、オランダが強い…。
    オランダには、サブメンバーでもルーマニアに勝ってもらって、イタリア対フランスの勝者が残りの一席をとる、という展開を期待したいです。ルーマニアがリードを保っているのが伝わって、消化試合ムード、というのは見たくないですねえ。
    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック