芸術、書籍、音楽などのレヴュー。あるいは随筆。 - Revue de l'art, le livre, la musique etc, ou essai.
  • calendrier
  • 『社会学入門』 見田宗介
    岩波新書,2006

    見田宗介の『現代社会の理論』を読み、社会学に興味を深めていったのは高校生の時だが、それ以降は、見田の著作には何故か触れないできていた。『現代社会の理論』と同じく岩波新書である本書は、大学を卒業した最近、ふと見つけ手に取った次第だが、あれから随分と時がたったのだと思った。この本を読んで、見田社会学の「圧力」というものを再び実感することができた。

    さて、本書は、入門書をうたっており、大学での社会学の概論や入門に当たる講義をもとにしてまとめられているのだが、これにはいい意味で裏切られた。大抵の入門書は、社会とは何か、社会学の成り立ち、現代社会における問題、を順序良く丁寧に説明してくれるものだが、この『社会学入門』はそれを踏襲しない。社会というものの見方、切り口は提示するのだが、そこから過去の社会学者の理論の洪水には至らない。見田自身の経験から比較的に社会を見たり、色彩や詩といったものから社会を見たりと、リアリティを持って「社会学すること」を講義している。適当な評論家やマスコミの仕方などとは違った切り取り方で、現代社会の問題が、深層部分から浮き彫りにされていく。入門書という位置づけで軽んじることはできない言葉が本書には並べられている。その根底は『現代社会の理論』ともちろんつながっている。

      社会の「近代化」ということの中で、人間は、実に多くのものを獲得し、実に多くのものを失いました。獲得したものは、計算できるもの、目に見えるもの、言葉によって明確に表現できるものが多い。しかし喪失したものは、計算できないもの、目に見えないもの、言葉によって表現することのできないものが多い(pp.38-39)。

    このことは、自分が大学時代、デュルケムを通じて問題化していたものとまさにつながっていることであったが、それには当然のことながら、『現代社会の理論』が大本にあったからである。脱リアリティが進行した「虚構の時代」における問題。客観的な社会的関係や感情が、下位の要素を捨象して、双方(社会集団など)の関係を絶対的に規定するという「関係の絶対性」が引き起こす問題(9.11テロに代表される)。これらが浸透する時代にあって、その向こうに「自由な社会」、「交響するコミューンの自由な連合(Liberal Association of Symphonic Communes」を模索することは可能なのか、という問いが本書を貫いている。
    見田は、社会学では古典化された定式の「ゲマインシャフト(からゲゼルシャフト」という布置を見直す(用語についての詳しい説明は他サイトに譲る)。彼によれば、「近代社会がゲゼルシャフトであるということはフィクションであって、近代の市民社会は、「核家族」を基本形とする他のさまざまの、微分化されたゲマインシャフトの、相互の関係としてのゲゼルシャフトであった」。つまり、ゲゼルシャフトとは、われわれが所属する集団そのものを指すものでなく、集団間の関係を規定するものでしかない。近現代を「ゲマインシャフトからゲゼルシャフト」という移行過程で捉えたままでは、今の社会の向こう側には、「ゲゼルシャフト化の徹底(「近代化論」等)」あるいは、「ゲマインシャフトの回復(「共同体論」等)」しかないのである。見田は、どちらかの方向へ偏る道ではなく、「ゲマインシャフト・間・ゲゼルシャフト」の位相において「自由な社会」を目指していこうとする道を示している。それが、「交響するコミューンの自由な連合」であるところの「交響体・の・連合体」である。

    このような場所では、「虚構の時代」、「自由な社会」、「交響体」とは何かについては説明しきれないし、それは本書を矮小化することになるだろうから、具体的な理論構成については実際に読んでみてほしい。この本は、社会学をさらっと知って終わりにしてしまうような「入門者」ではなく、これからも考えようとする人に向けられて書かれていることは断言できる。社会学であり、社会哲学的でもある本書は、深く、また広く社会を見ることの手がかりになる本だと感じる。
    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック