芸術、書籍、音楽などのレヴュー。あるいは随筆。 - Revue de l'art, le livre, la musique etc, ou essai.
  • calendrier
  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
    今、蘇るローマ開催・日本美術展 日本橋三越本店ギャラリー


    1930年にイタリアで行われた、日本美術展覧会に出展された作品を集め、同展覧会を振り返る企画です。大倉財閥のバックボーンがあったということで、多くの作品が、大倉集古館に所蔵されています。
    当時の日本美術を代表する画家の作品を集めただけあって、内容はかなり豪華であり、期最終日に行くことができてよかったです。日本画は、これまでメインでは見てこなかったので、興味が増してきた中、このような機会は個人的に貴重です。ということで終わってしまった展覧会ですが、多少感想を述べておきます。

    まず、下村観山に注目しました。「不動尊」、「維摩黙然」、「時雨」の三作品がありましたが、ざっと見て、色々な趣向で絵が描ける画家であると思いました。
    「不動尊」は大胆に力強く仕上げられた作品ですが、背景の炎の表現は、不動明王と違ってかなり繊細に塗られています。「維摩」は、写実性を増して描かれており、全体的に、繊細な色遣いが見て取れます。二つの作品は、相当異なった印象を持つ絵ですが、絵の随所に細かな作業が共通して見られます。「時雨」は、またこの二つとは趣をことにする作品で、別の画家が描いたようにも見えるくらいです。木の幹はある程度写実的に表現していますが、葉は、文様を重ねたようなモザイク調の表現で、木全体としては、アンバランスなつくりをしています。

    敬愛する竹内栖鳳ですが、二羽の鶏が競り合っている「蹴合」(下図)という作品がありました。鶏の羽毛の表現、色の出し方には、感服しました。もちろん、頭や足にも相当気が配られています。絵としてのまとまりというよりも、表現、技量を見せつける絵であると感じました。(同じ日に、山種美術館で栖鳳の代表作、「班猫」を見ることができました。ディテイユは「蹴合」の方がいいと思いましたが、「班猫」は、表現の素晴らしさに、さらに緊張感が加わった絵だと思いました。)

    そして、荒木十畝。この画家は、山種で見たときから、忘れられないですね。今回出品されていた「晩秋」も、完成度の高い、良く練られた作品だと思います。画面の綺麗さが群を抜いているのが分かります。緑と朱との対比でもって、全体を淡い色調でまとめており、松の葉を、雲のように画面に大胆に配した構成に目がいきます。

    鏑木清方「七夕(左隻)」(上図)。背景を占める調度品は、並列的な構成であり、また、それぞれがとても細やかに描かれており、屏風全体としては、落ち着きはらった印象を感じさせます。後ろ向きでさらっと立つ女性もそれを助長させています。また、多色が配されていますが、ソフトなトーンであり、うるささを感じさせず、さわやかさを引き立てています。右隻を見れなかったのは残念ですが、この左隻だけでも、見ごたえがあります。

    その他、普段眼にしたら、何気なく見過ごしそうな植物を、精密に、気品高く描いた、山口蓬春の木瓜、息を飲むような仕上がりで、迫力も備えた、伊東深水の小雨なんかが気に入りました。


    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。