芸術、書籍、音楽などのレヴュー。あるいは随筆。 - Revue de l'art, le livre, la musique etc, ou essai.
  • calendrier
  • 山寺・後藤美術館所蔵 ヨーロッパ絵画名作展 大丸ミュージアム・東京


    山形県にある後藤美術館の作品を見せる展覧会です。
    うらわ美術館でやっていたときには行けなかったので、今回行くことができて良かったです。流石に、山形までは行けないという人は多いだろうし、美術館としても定期的に巡回するほうがベターなんですかね。

    さらっと作品を見てみて、錚々たる大画家の作品が並んでいるので、改めて驚きました。
    ブーシェ、ナティエ、グルーズ、ジェリコー、ブーグロー、カバネル、コロー、ミレー、クールベ、などなどとコレクションは相当充実しています。ドレやポインターなどの作品もあるのも良いですね。

    ■19世紀アカデミスム以前
     ナティエ「落ちついた青色の服」は、ナティエにしては、塗りこみを抑えていてふんわりとした印象を受けました。やはり、西美のナティエなどの完成度から見れば、落ちる作品かなと思います。
     アカデミスム絵画コレクションは、かなりクオリティが高いと思います。特に、カバネルの「アラブの美女」(上図)と「パオロとフランチェスカ」。「アラブの美女」は、独特の雰囲気を放つ、完成度の高い作品です。陰影や質量感の表現が上手く、服と肌はもちろん、服もレース部分を描き分けています。「パオロとフランチェスカ」は、オルセーにある作品の縮小ヴァージョンです。作品には手抜き感はなく、一流の美術館のコレクションにあってお かしくない作品だと思います。ブーグロー「愛しの小鳥」は、ブルジョワの子女を描いた絵で、ブーグローの子供の絵ではあまり見ないタイプのものだったので、新鮮でした。顔の素晴らしい表現に目がいく作品です。エネルもマグダラのマリアを描いた比較的大きな作品が来ていました。エネルらしく、背景処理は簡明に済ませ、肉体表現に重きが置かれています。エネルの堂々とした画面構成と人体の表現は、とてもひきつけられます。
     ちょっと離れたところには、ドレの「城の夕暮れ」が展示されています。叙情的な作品で、夕暮れの空や樹木は浮き立つように、厚塗りされています。

    ■バルビゾン派周辺
     バルビゾン派を代表する画家は大半が見られます。
     ジュール・デュプレ「月明かりの海」は、海と空の暗い青が映える作品。雲の微妙な色つかいや、ダイナミックさが良いです。詩的な、幻想的な作品です。
     シャルル・エミール・ジャック「月夜の羊飼い」は、月の光を背景にし、羊の群れと羊飼いを浮かび上がらせる、直接的に逆光を用いた作品です。灰色の中間色の表現がとても素晴らしく、タッチは抑えてあるものの、ひしめく羊の様子がリアルに表現されています。
     フランソワ・ドービニー「山間風景、コートレ」。ドービニーは迫力ある絵を描いているなあ、と見るたびに思います。平べったい塗りながら、川の流れはタッチを変え、激流の表現に成功しています。
     クールベは、3点ほどきていたように思います。1865年制作の「オルナンの渓谷」は、クールベとしては、落ち着きすぎていて(?)、ちょっと不思議に思いました。丁寧に細やかに仕上げられた作品ですね。
     あとは、銅版画家のジュール=ジャック・ヴェイラサの作品が気に入りました。トロワイヨンも、久しぶりに彼の牛に会えたという感じです。それと、ディアズ・ド・ラ・ペニャの風景画も新鮮な感じでした。バルビゾン派周辺画は作品も多くて見ごたえがありました。

    ■その他
     フランス絵画以外のもので、いろいろな作品があります。ムリーリョもあるというのがすごい。
     アンジェロ・マルティネッティ(1846?-1908?)の狩猟静物画は、とても見ごたえありました。背景の壁になる木板は、木目はもちろん、絵具の盛り上げによって、切り口まで表現されています。イノシシとシカの毛並みもそれぞれ質感を変えておりとても精緻です。上部に描かれた植物の葉もリアルですが、動物がリアルすぎて、逆に塗りこみの甘さが目立つくらいです。
    エドワード・ジョン・ポインターは、ロイヤルアカデミーを代表する画家です。最後には、会長も務めています。「ミルマン夫人の肖像」(下図)は、会場の中でもひと際光る絵。隣に展示されているミレイの「クラリッサ」がさらりと描かれているのに対して、肖像画だけにとても力が入っています。人物はもちろん、背景のタペストリまで筆が行き届いています。それでいて、人物を浮かび上がらせる中間色のつかい方も上手いです。



    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック