芸術、書籍、音楽などのレヴュー。あるいは随筆。 - Revue de l'art, le livre, la musique etc, ou essai.
  • calendrier
  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
    日展100年 国立新美術館


    日展の前身の文展誕生から100年を記念しての展覧会。
    官制展覧会の歴史だけに、画家・作品ともにかなり豪華です。
    個人的には明治大正期の日本画を目当てに行ってきました。

    文部省美術展覧会(1907-1918)、帝国美術院美術展覧会(1919-1934)、文部省美術展覧会(1936-1944)、日本美術展覧会(1946-)の4つの流れに大別できる日展の歴史をそれぞれのセクションに区切って展示しています。
    これらの歴史を通して、日展100年というものの、その中身は改組などでの多岐に渡る変化の歴史であり、美術界の諸々の難しい事情が伝わってきます。

    100年を振り返るということで、展示作品数は相当なものがあります。
    展示代えもあるようですが、巡回展ごとの出品作が多く、ひとつの展覧会場で見られない作品も多くあります。そのため、図録は余計に厚くなっています。
    わがままをいえば、注目する画家の作品は全て見たかったところ…。
    以下、鑑賞メモです。
    ■竹内栖鳳
    「飼われたる猿と兎」
    右隻は猿の表情、足に力点を置き、左隻は背景と同様に太い隈取りされた兎ののびやかな様子が表現されています。栖鳳はこれらの動物を飼育していたとあって、獣の体臭を感じさせる絵になっています。
    「アレ夕立に」(上図)
    日本史の資料集で見て、栖鳳の名を知らなかった頃から魅かれていた作品で、竹内栖鳳と知ってからずっと見たいと思っていた作品です。今回実物があって驚きました。かなり大胆に塗られており勢いよく仕上げられています。青が朱とともに用いられていて、とても画面に映えています。左右にもう少し余白があった方がいいのでは? とも思わせる人物の詰め具合ですが、それが堂々とした雰囲気を与えている様子です。構図・演出としては完璧に思えます。

    ■下村観山「木の間の秋」
    以前の展覧会で、このように樹木の幹を描いた、菱田春草の「落葉」という作品を見ましたが、下村観山のこの作品は、春草の作品同様に写実性、表現性のある絵である一方、より装飾的に、派手に描かれています。苔や葉はそれぞれに幹を装飾し、葉は微妙な色づかいのもとに金で葉脈が入れられており、引き立って見えます。

    ■平福百穂「七面鳥」
    七面鳥が墨・絵具のたらし込みのみで表現されています。
    不気味さとともに、モダニティも感じさせる絵です。左隻は、2羽の座る七面鳥と、1羽の飛び立つ七面鳥で構成されており、空間を大胆に使っています。

    ■石橋和訓「美人詩読」
    石橋和訓は最初日本画を学び、後イギリスで油絵を学んだ画家だそうです。
    白と黒のハーモニー、安定した構図、ドレスの中に映える腕、横顔の美しさ。

    ■辻永「初秋」
    イタリアの新印象主義画家のような、線・点描による油絵。
    前景の陰と後景の光の対比、柵のモザイク模様の力強さと新奇さ、線描による素早く流れるような葉。

    ■石崎光瑤「燦雨」
    絢爛豪華な花鳥図。金・若緑・朱の大胆な色使い。シャープで強い雨の流れと何羽もの羽ばたく鳥が躍動感を見せる絵。構図や線、塗りなど隙を見せない絵。

    ■吉田博「瀬戸内海集より帆船」
    海にある帆船を一日の移り変わりとともに表現した版画で、朝・午前・霧・夜の4つのヴァリエーションを展示していました。同じ版を使っていますが、かえってそれが高い表現力を伝えます。特に「夜」の藍が綺麗だと思いました。

    ■西村五雲「麥秋」、橋本関雪「唐犬」
    西村五雲の絵は竹内栖鳳の影響が感じられましたが、やはり栖鳳に師事したようです。
    ゆるやかな隈取りと、たらし込みによる淡く優しい色使いが魅力。麦は盛り上げて表現しています。
    対して橋本関雪の方は、緻密にしっかりと仕上げられた作品で、犬の毛並み、肉付きなど真に迫って表現しています。同じ時期の動物画として二つを対比して見るのも面白いと思います。
    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    ■日々是好日   「無量童子のかたちは慈悲の姿」   掌を合わす己が心に佛あり。合掌■高垣康平   1935年岐阜県郡上郡に生れる   布施信介先生に師事、中国南京芸術学院に   学ぶ。得度、水墨画にて仏画を描く、以後全国   にて個展、安城市公民館に無量童
    2007/09/08(土) 05:34:19 | 日本画をたくさん集めました
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。