芸術、書籍、音楽などのレヴュー。あるいは随筆。 - Revue de l'art, le livre, la musique etc, ou essai.
  • calendrier
  • 金刀比羅宮 書院の美 ― 応挙・若冲・岸岱 ―  東京藝術大学大学美術館


    円山応挙、伊藤若冲、岸岱らによって描かれた金比羅宮の襖絵を見せる展覧会。
    非公開の作品を見ること自体が貴重ですが、それがこれほど多く、また空間再現をして見られることもあり、とても満足な展覧会でした。
    週末に行きましたが、激混みを予想していたものの、雨のせいか、ゆっくり見られたのは本当に良かったです。空間表現がひとつの重要な要素であるので、かなり混むようでは趣が楽しめないなと思います。
    若冲とあると人が集まるのかもしれませんが、間違いなく応挙が見所の展覧会です。
    また襖絵の他、絵馬も展示されており、独特な雰囲気があります。

    ■円山応挙「鶴の間」
    鶴の羽は、簡素な線で表現されている一方、足は細かく表現されています。飛翔する鶴の連なりなど、優美な空間。
    ■円山応挙「虎の間」
    墨と金でもって描かれており、荘厳さを感じます。虎を直接見て描いたということではないので、応挙のデッサン力を見る作品ではなく、虎は前足に関節が通っていないような感じです。しかし、全体としての見せ方、それぞれの虎の迫力はものすごく、「虎の間」の緊張感が伝わってきます。体毛の表現も細かく丁寧に仕上げられています。

    ■岸岱「柳の間」、「菖蒲の間」
    岸岱は初めて知った画家ですが、デッサンの確かさや緑の深さが印象に残りました。
    「柳の間」で描かれている、柳の連なりの緻密さは見事。
    「菖蒲の間」も、菖蒲や鳥のデッサン力が目を引きます。「菖蒲の間」は、保存状態がもっと良ければ、かなり良い作品だと思います。

    ■邨田丹陵「富士二の間」
    邨田丹陵は明治の画家。「富士二の間」は源頼朝の鹿狩りの場面が描かれています。
    全体を見渡して、絵を準備するだけでもかなりの時間がかかっている、と思わせるヴァリエーション。武士、馬、鹿の躍動感には感嘆。淡く、それでもって力強く表現された空間だと思います。静の「富士一の間」とは対照的です。
    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック