芸術、書籍、音楽などのレヴュー。あるいは随筆。 - Revue de l'art, le livre, la musique etc, ou essai.
  • calendrier
  • ちびっこ吸血鬼は…


    このブログでも数回にわたって紹介している『ちびっこ吸血鬼』シリーズですが、今回は、『ちびっこ吸血鬼』その後について。
    日本の翻訳では、『ちびっこ吸血鬼』シリーズは16巻で終わっています。しかし、作者のアンゲラ・ゾンマー・ボーデンブルクはその後もシリーズの刊行を続けていて、本国ドイツでは19巻まで出版されています。そして久しぶりに作者HP見たら、2008年には、なんと20巻が出る予定とのこと。
    まさに、これは…(!!)、という展開。オリジナルでは普通に現在進行形で続いているのは、驚きであり、ちょっとショック。
    16巻「完結」の邦訳単行本に続刊を足すのが良いのかは、ドイツの17巻以後の展開が全く分からないので議論できませんが、でも作者は続けているという1点において、読んでみたいというのはファン心理でしょう。

    これに関して詳しい情報を得ることができなかったので、問い合わせてみました。
    予想通り、17巻以降の刊行予定はないとのこと。しかし担当者の方にはいつか出版できたら、という思いはあるそうで、もし出版するとなったら、やはり『リトルバンパイア』シリーズでの刊行になるだろう、ということでした。
    おそらく、関係者の方は出版したいという気持ちは大いにあるだろうし、また僕のようなファンが思いを伝えているだろうし、将来に期待したいです。
    ただ、読みたいなら、ドイツ語翻訳して読めば?という方向もありますが、それにはまったく賛同できないのです。川西芙沙訳、ひらいたかこ絵で作品であるので。
    ということで事情が分かり、実現するにしても「本当に何年も先のこと」でしょうから、これからも心の片隅において、気長に待ってみたいと思います。
    1987年に始まったシリーズが完結したのが1999年で、またシリーズ名を変えて刊行中である『ちびっこ吸血鬼』。真の完結はいつになる?
    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック