芸術、書籍、音楽などのレヴュー。あるいは随筆。 - Revue de l'art, le livre, la musique etc, ou essai.
  • calendrier
  • 小松未歩 「2nd~未来~」


    小松未歩の2ndアルバム。
    小松未歩とアニメのコナンが強くリンクする人にとっては、多分一番しっくりくるアルバムで、ヒット曲がつまったアルバムです。
    僕は、2nd から4thがお気に入りなので、このアルバムとの付き合いも、相当長いです。
    長年の再生で、CDが再生できなくなったくらいです。
    また、このアルバム、今はガーネットクロウのリーダーである古井さんが全曲アレンジしているところも見逃せません。

    「anybody's game」、「チャンス」、「氷の上に立つように」、「願い事ひとつだけ」と印象に残るシングルヒット曲が押すアルバムですが、タイトル、そしてアルバムの始めをとる、「未来」が個人的に一番です。小松アルバムにしては、アップテンポ気味の曲が目立ちます。
    以下、シングル曲以外をメインに感想を並べます。
    #1未来 
    ピアノとギターによる優しい前奏から入ります。次の「anybody's game」と対照的に、落ち着いて、じっくりと詩を聞ける曲です。シングルリリースの曲ではないですが、聞けば、納得の完成度です。

    #3チャンス 
    個人的な印象として、こういう曲は、他の小松作品にあったかな?という作品です。「チャンス 照れずに ツッ走って 幸運を味方につけよう ときめき忘れないで やるしかない」。前向きな詩で、励まされる感じです。

    #6あなたのリズム 
    さっぱりした曲ですが、後のアルバムを含めると、こういう曲が小松未歩らしい曲かな、と思えます。歌詞もストレートで面白いです。
    「神様ちゃんと罰を下してよ ダークグレイの空を見上げ いつも何かから逃げ出していた 見つけられない こんな時空じゃ もう」
    「嫉妬み誹られるくらいなら 孤独の方が100倍まし 自由って実はこんなもんだね 簡単すぎて見落とすところよ」
    「大切なことは こんなに何気ない日常にある」

    #10願い事ひとつだけ 
    数ある曲の中でも、おそらく人気ある曲だと思いますが、メロディ、詩とともに素晴らしいです。
    「願い事ひとつだけ 叶えてくれるなら 傷つけあった愛が始まらないように」
    「願い事ひとつだけ 叶えてくれるなら 記憶の中でいつも あなたと生きてたい」
    を踏まえると、〔願い事ひとつだけ 叶えてくれるなら 傷つけあった愛が始まらないように 記憶の中でいつも あなたと生きてたい〕と解釈して良いのでしょうか。「記憶の中」っていうのが何とも切ないです。

    #11Deep Emotion 
    これも、他には無いような、独特な小品。これを聞くと、最後だな、としっくりくるような作品です。演奏はパーカッションをメインに、抑えていて、ヴォーカル(コーラスも含めて)を聞かせる、ひっそりとして、雰囲気ある曲です。
    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック