芸術、書籍、音楽などのレヴュー。あるいは随筆。 - Revue de l'art, le livre, la musique etc, ou essai.
  • calendrier
  • ベルギー王立美術館展 国立西洋美術館


    ベルギーの首都ブリュッセルにあるベルギー王立美術館の、16世紀フランドル絵画から近代の印象主義、象徴主義絵画、現代美術までの作品を選び、幅広くフランドル、ベルギー美術を紹介する展覧会。
    行く前に、元西美学芸員の先生に、この展覧会に沿ったフランドル、ベルギー美術史を講義してもらったので、とても分かりが良かったです。フランドル絵画に伝統的な、緻密性、幻想性などの背景を勉強することができました。

    フランドル絵画の油彩画のセクションでは、その代名詞的なブリューゲル一族の絵が見所になっています。特に注目されるのが、美術館の至宝であり、日本初公開のピーテル・ブリューゲル〔父〕の「イカロスの堕落」です。大きな人だかりができていて、きちんと見られませんでしたが、画面の構成から、色彩まで、とても綺麗で、物語の世界のような恍惚感があります。
    また、ルーベンス、ファン・ダイクの肖像画に作品が集まっています。僕としては、ルーベンスの勢いのみなぎる絵画よりも、ファン・ダイクの精緻で落ち着きのある絵が好きです。
    最後に、さまざまな画家による、花卉や動物、銀器などの静物画はやはり見事です。
    さらに、これらのフランドル画家の、素描作品が1セクションをさかれてまとめられています。こういう大作の陰にある作品はあまり見られないのでそれを見る良い機会ですね。



    近代絵画のセクションは、フランソワ・ジョセフ・ナヴェスの「砂漠のハガルとイシマエル」から始まります。ナヴェスは新古典主義に属されるベルギーの画家で、パリに出てきてダヴィッドのもとで学んでいます。同作も、均質的な絵肌をつくっていて、その一面の空と砂漠により、さまようハガルとイシマエルの苦痛な姿がクローズアップされます。
    ルイ・ガレ「芸術と自由」(中図)も注目が集まる作品。内面的な高潔さを示すような作品で、ぼろぼろの服を着た男が力強く表現されており、ロマン派的な要素を感じます。ベルギーでは重要な画家のようですが、日本ではほとんど知られていませんね。
    アンリ・レイスは、衣装、調度品の再現度に重点が置かれている作品。しかしそれだけに全体が重くなっている感が見られます。クールベにも多少このような感じになる絵もありますが、それがレイスでは顕著です。

    ベルギー象徴派では、クノップフ、アンソール、デルヴィルなどが来ています。欲を言えば、レオン・フレデリックなども見たかったですが。
    クノップフでは「シューマンを聴きながら」(最上図)という作品がアンソール「ロシア音楽」と並べられて展示されています。描かれた対象が似ているだけに、当時も物議をかもしたそうですが、クノップフでは、ゼミの先生がおっしゃられたように、より内面的なものに焦点が当てられ、アンソールの描いたような、ピアノを聴く女性のいる風景、とは異なった次元にあります。タッチも、中央の女性が細やかな筆致で描かれているのに対し、背景全般は、大胆なタッチで描かれ、対照的であり、それによって目線が女性に焦点化されます。しかし、遠くから見るとそれが調和的に働いて見えます。もう一枚の作品「ジェルメーヌ・ヴィーナーの肖像」は油彩で描かれていますが、パステル的な平面的な塗りで表現されています。しかし細部はかなり気を配られて描かれており、優しさを醸し出す作品です。
    ジャン・デルヴィル「トリスタンとイゾルデ」(下図)、「情念の輪」は、今展の中でもまさに象徴主義、神秘主義的といえる作品。人物の肉体表現も素晴らしいです。





    その他では、テオ・ファン・レイセルベルヘ「読書をする婦人と少女(画家の妻と娘の肖像)」(最下図)が目を引きます。スーラ的点描というのは、個人的にはそれだけで距離感を感じてしまいますが、この作品は、きちんとしたデッサンのもとに、そのものの質・量感にあった点描が施されることで、形象的、色彩的調和がなされています。カミーユ・ピサロ、セガンティーニ、アンジェロ・モルベッリなどに加えて、点描、線描の新しい地平を見られる作品だと思いました。
    ヤーコプ・スミッツの作品は、黒の良さが引き出されています。水彩で描かれていると表記されていますが、水彩でつくったとは思えない厚みのある絵であり、とても感化される作品になりました。
    アルフレッド・ステヴァンスもリアリズムという観点で魅かれる画家。前にもゲント美術館展で見ていますが、今回の作品「アトリエ」も、空間内の表現が上手くできている作品で、光の表現の仕方が見所かなと思います。

    一昨年あたりから近代ベルギー絵画を見る機会が増え、大分、ベルギー美術に親近感を持てるようになりました。今展は、歴史を振り返って、良質のフランドル・ベルギーの美術を俯瞰できる良いチャンスなので、興味のある方は十分満足できる展覧会になっていると思います。






    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック