芸術、書籍、音楽などのレヴュー。あるいは随筆。 - Revue de l'art, le livre, la musique etc, ou essai.
  • calendrier
  • 十兵衛ちゃんRETURN-ラブリー眼帯の秘密- 漫画/むっちりむうにい
    jubee.jpg

    1999年に放送されていた同名アニメの漫画。
    原作はおじゃる丸などの原作でも知られる大地丙太郎で、作画はむっちりむうにい。同人や挿絵、4コマみたいな単発の仕事はあるのですが、このような話数がある一巻本漫画は、きちんとした形では初といっていいでしょう。

    僕がむっちりむうにいの絵を注目したのは、PSゲームソフト「ファイアーウーマン纏組」からです。このゲーム、とにかく、いってみると、学園恋愛シュミレーション格闘アドベンチャーというすごいゲームでした。初回生産限定でドラマCD二枚ついていて、ゲームの方も、すごくつくってあるんですよね。機会があればレポートしたいですが、もう入手不可な上にマニアック過ぎますかね。

    「十兵衛ちゃん」は、タイトルからも分かる通り、柳生十兵衛をパロディ化した剣劇漫画なんですが、内容はバトルじゃなくギャグ路線まっしぐら。ところどころのギャグは面白いのですが、そんなに大したストーリーテリングがあるわけではありません。
    それでもこの漫画が良いのは、やはりむっちりむうにいのほのぼのとした作画と、笑いを追及したドタバタ感でしょうね。主人公の設定からもうコメディ性を志向してます。柳生十兵衛がつけていた、ハート型のラブリー眼帯を継承する二代目十兵衛が、ぽちゃぽちゃのぷりんぷりんのぼんぼーん、の天然系女子中学生だなんて…。

    個人的に残念なのが、むっちりむうにいの周辺環境が落ち着かないこと。
    好評だった「ファイアーウーマン纏組」は作成元がつぶれて、発売前からパート2を示唆してたはずが全て白紙、そして纏組の4コマ、プチ漫画はまとめられることはないまま。
    十兵衛ちゃんにしても、一旦絶版化したのが復刊してそれも今では品薄、半絶版気味に。十兵衛ちゃん2はアニメがスタートする前から漫画化されていたものの、雑誌が廃刊し、かろうじて電撃大王に移ったもののそれも発売されないまま(版権の問題なのでしょうか?)。
    そしてその他の漫画も絶版、入手困難な状態。さらにHPは長期閉鎖中。
    今ほぼネットのみで手に入るのが十兵衛ちゃんと短編集くらいです。いや残念です。ともかく十兵衛ちゃん2は出してもらわないとむっちりむうにいの作業は何だったのか、ということになるので。

    そういうことで、こんなに画力があって魅力的なキャラクターを描ける作家が売れないのは疑問です。今後も気長に期待し応援していきたいと思います。大地監督が十兵衛ちゃん3について言及してることもあるので…!

    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック