芸術、書籍、音楽などのレヴュー。あるいは随筆。 - Revue de l'art, le livre, la musique etc, ou essai.
  • calendrier
  • Flipper’s Guitar  ON PLEASURE BENT フリッパーズ・ギター 「オン・プレジャー・ベント」


    フリッパーズ・ギターの唯一のライヴ音源による貴重なアルバム。
    フリッパーズ・ギターは、つい最近、1st、2ndアルバムがリマスター音源で再発売されたこともあり、気に入った人であれば、このアルバムも是非おすすめしたいという一枚。

    まず良い点は、ライヴということもあってか、各アルバムのベスト・ナンバーが集められていること。「恋とマシンガン」「バスルームで髪を切る100の方法」「やがて鐘が鳴る」「ラヴ・トレイン」など、全てが独自の魅力を振りまく作品。また、Haircut100の「好き好きシャーツ」もカヴァーされてたりします。
    また、当然のことながらライヴ独特の躍動感も魅力。とかくヴォーカルや演奏のクオリティという面がつっこまれるようですが、そのような一般的尺度でのクオリティの高さはやはりフリッパーズ・ギターの音楽ましてライヴに求めるというのもズレているので、逆にこのアルバムの躍動感、疾走感は気持ちいい。特に、「スライド」や「やがて鐘が鳴る」の二人のかけ合い・コーラスがポイントになっている曲はもちろん、「ボーイズ,トリコに火を放つ」他、ヴォーカル(コーラス)のヴァリエーションも楽しめます。

    冒頭の「ウィニー・ザ・プー・マグカップ・コレクション」から、ノイジー加減とちょっと外した脱力加減が強調されていて、独自の基調をつくってます。また、ファーストに多い、ハイテンポではじけた作品は、まさにライヴで輝くものであるので、盛り上がりには事欠かない、熱っぽいアルバムに仕上がっています。

    Merci a TB-lin
    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック