芸術、書籍、音楽などのレヴュー。あるいは随筆。 - Revue de l'art, le livre, la musique etc, ou essai.
  • calendrier
  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
    『不思議を売る男』 ジェラルディン・マコーリアン


    『不思議を売る男』 ジェラルディン・マコーリアン 金原瑞人訳 偕成社

    タイトルと魅力的な表紙絵(佐竹美保)で手に取らされていた本。
    本の国からやってきた本好きの謎の男、MCC・バークシャー。図書館で少女エイルサは、偶然MCCと出会い、彼を彼女の家の古道具店に案内することに。そこでMCCはアンティークを売る商売の手伝いを始めることになります。
    そして、この男はものを売るときに、その商品にまつわる面白い話を客に振舞うのです。そうすると聞く前には買う気のない客も、話を聞いた後にはその話のとりこになり商品を買っていく、という筋で物語は進行していきます。

    一話一話、あるアンティークととそれにまつわる話が取り上げられる形式で、あとがきでもいわれていたように千夜一夜物語のような構成です。シェヘラザード役は胡散くさい身元不詳の男ですが…。
    各章でMCCによって語られる話は、場所も場面もそれぞれで、オチも教訓もそれぞれ。良くこんなヴァラエティに富む話をつくれるな、と感心します。
    そして、意表をつくラスト。これも、あとがきで、「読みおえたあと、けっしてほかの人に、最後を教えないように」と釘がさされているので、ここでは、お楽しみに!、としかいえません。
    さらに、原題は『A PACK OF LIES』ということも念頭に入れて読むと、面白さが増すでしょう。

    児童書コーナーにおかれていますが、語彙や固有名詞からいって大人じゃなければ(というか大人でも)全ては噛み砕けないでしょう、というような設定が多いです。
    とりあえず数例を抜粋すると、複式簿記、柱門、蹄鉄投げ、馬丁、シーク教とかいろいろな言葉が出てくるし、旧約聖書や宗教戦争とかの設定なども盛り込まれていたり、文章は振り仮名オンパレードな感じになっています。
    また話も斜めに読むと頭に入ってこない感じなので、一章一章ゆっくり味わうのが良いと思います。僕も、機会があったらまた読み返してもいいかなと思っています。
    各章完結で、そのため全体としてハラハラするような展開の物語ではないので、一気に読んでしまうような本ではないですが、章ごとに独自の話を楽しめるので、合間合間に読むには丁度良い本だと思います。
    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。