芸術、書籍、音楽などのレヴュー。あるいは随筆。 - Revue de l'art, le livre, la musique etc, ou essai.
  • calendrier
  • 少し何点か入れないとゲームに障るとリッピは言った
    やっったーーー!!!!
    イタリア対ドイツは延長までもつれましたが、終わってみれば2-0!!

    前半はイタリアペース。守備も高い位置で行なう。しかし後半は少し引き気味に。
    いくつか良い場面あったけれど、ゴールはわれず。
    長いボールを多用して、サイドのスペースなどにボールを入れようとする戦略が良く見られましたが、オフサイドにかかってしまう。コーナーになっても、レーマンがことごとくキャッチ。

    延長はイタリアにすぐに決定的な場面ができる。
    ジラがエリア内でこねて、シュートしたがポスト。
    ザンブロッタのミドルはこれまたポスト。
    リッピは、デル・ピエロ投入。
    そして、後半になってピルロのスルーをグロッソがシュート、ゴール!!
    そのすぐ後には、カウンターから、ジラが落ち着いてフリーのデル・ピエロに渡し、左斜め45°からシュート、ゴール!!
    そして、終了の笛。狂喜乱舞した最後の5分間…。

    とにかく、イタリアは全員がベストなプレーをしていた。良く走ってた。
    中でも、ブッフォン、カンナバーロの守備、トッティ、ピルロのボール供給は冴えていた。
    それと延長の、デル・ピエロ‐ジラ‐イアクィンタ、トップ下トッティ、その下にピルロの攻撃の組み立てはかなり機能していた。リッピが盛んに、カテナチオ(だけ)じゃない、っていっている意味が良くわかる。
    それと、やはりグロッソですね。後半終わり際できちんと決めたのはすごい。オーストラリア戦でも決定的な仕事したし。
    今日から、ウイイレでもグロッソ使います!。今後の評価が上がること希望。

    ということで決勝進出。
    これは優勝かなり期待できます。
    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック