芸術、書籍、音楽などのレヴュー。あるいは随筆。 - Revue de l'art, le livre, la musique etc, ou essai.
  • calendrier
  • i'm just doubting "is it yellow or red?"
    危ない。でも
    イタリア対オーストラリアは1-0でイタリア!
    しかし、本気でハラハラものの、劇的な勝利でした。
    ゴール!! ピーで終了なんて、翼くんの世界だ。

    マテラッツィの一発レッドはいかがわしい判定で、その後は攻撃ができないかたちになって、これはヤバい、と思ってましたが。3トップの布陣が一気に修正せまられたわけだし。
    最後のPKの判定もいかがわしいといえば、そうですが、マテラッツィの一発レッドも同様なので、審判のクオリティが低かったといえるでしょう。両方共に被害を食ったけれど、最後の最後、10人で40分守ったイタリアに勝利が転がった感じです。

    でもこれからはセンターバックが薄くなりました。
    ネスタ怪我あけで、マテラッツィが出場停止。厳しいですね。ここにきてバルザリにスポットライトが…。
    あと後半終わりに近いところの、ガットゥーゾ、ザンブロッタのイエローも気になるところ。これ以上守備が崩れるのは控えたい。

    トニはまたまた批判が集まりそうです。
    動きは良いし、シュートも的外れではないのですが得点がない。これだけで批判になるのだから厳しい。まあ、セリエAの決定力を考えれば、期待に応えて欲しいわけです。
    それにしても、イタリアはFWが多彩で、コロコロかわっていき、得点王なんかはさらさら出る気配ないです。あと、リッピはトラップ監督ほどではないにしろ、無理に攻めは考えないですからね。
    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック