芸術、書籍、音楽などのレヴュー。あるいは随筆。 - Revue de l'art, le livre, la musique etc, ou essai.
  • calendrier
  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
    オディロン・ルドン(Odilon Redon)について


    象徴派の画家として知られる、オディロン・ルドン(1840-1916)について書いておきたいと思います。
    ルドンは、まさに神秘的な画家。象徴派に数えられているけれど、扱う主題はともかくも、表現方法では類似した画家はいません。陰と陽の両方の世界をこれだけ明確に描き出した画家は、僕が知っている中ではルドン以上の者は見当たりません。

    彼が、空想、幻想の世界に強く魅かれているのは、少年期に親から離され、一人孤独な生活を送ったことに関連付けられますが、初期の繊細なモノグラフ作品は、自分の世界を深く内省したような、オリジナリティと不可思議さが見てとれます。彼が、アカデミーの画家、ジャン・レオン・ジェロームのアトリエに入りながら、数ヶ月で辞めてしまったのも納得がいきます。切り取られた子供の頭、人面たまご、サルのよう顔をした蜘蛛、と彼の世界は現実の世界を写実的に見るものとは、全く隔絶しています。
    後期には、こうしたある種不気味な、モノクロームの世界を抜けて、パステル、油彩による、花の静物や神話を主題とする鮮やかな色彩の世界へ移っていきます。僕がこれまで見てきたのも、このパステル作品がメインでした。もうかなり昔になりましたが、群馬県立近代美術館で、彼個人の展覧会を見ることができたのも、良い思い出になっています。しかし、何故、彼がキャリアも半ばを過ぎてから、それまでとは対照的な方向へと進んだのかは、興味の尽きないところです。(このことに関しては「美の巨人たち」に詳しい記述があります)

    僕から見るルドンの素晴らしいところは、色彩の組み合わせ、配置、パステルや油彩での優しい絵肌のつくりにあります。
    まず、色の組み合わせ、構成について。ルドンは、同系列色による、画面全体の色彩的統一をあまり志向していません。一つ一つの作品において、さら「誰々の、何(色)の時代」、というような画家自身のキャリアの中において、色調を統一することで、絵の世界観をまとめることは往々にしてありますが、ルドンはこうした方法をとらないのです。むしろ、宝石を散りばめるような、多色の組み合わせにこそ、ルドンの世界観があります。このような多色性を志向する画面においては、やはり、色と色が対立しあうことが問題となり、「ある種の」統一感を見出すことが困難となる場合が多いですが、ルドンはこの問題を解決しています。まずは、対立が深くなりうる、原色系統の色を避け、微妙な中間色を作り出し、それを補色と共に使うことで、色の独立感をなくしていること、そして次に、背景も大きく含んで、色彩の複雑なグラディエーションを作り出し、色彩のうねりの中にある種の統一感を見出していることが考えられます。この二点に大きく関わることですが、ルドンの素晴らしさは、やはり独特の背景処理を抜きには語れないと思います。
    そして、絵肌について。これはここであれこれいうことではないと思うので、機会があるときに実際に見てもらうことに尽きます。特にパステルの色彩の重ね方などはとても見事で、パステルの良いところを全て引き出したといえるマチエールです。

    僕も最近良くパステルを描くようになりましたが、ますますルドンの良さを実感するばかりです。彼のイマジネーション、繊細なデッサンやタッチ、色彩構成は一つの到着点といえる高みがあることは間違いないです。



    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    ・・・!
    はじめまして
    拾い読みの流浪者にて失礼いたします

    某経済新聞のコラム(「作品10選」みたいなもの)のなかに 隻眼の巨人を描いた この画家の作品に触れた記事がありました
    せつない伝説に材をとった旨書かれていましたが 取り上げられた作品のようなものも
    描くのですね・・・

    貴殿ご自身 絵筆をとって描かれる方のようですが 独特の切り口 ご健筆を
    それでは
    2006/05/31(水) 21:24:26 | URL | TADDY K. #6.10EWHs[ 編集]
    doumo!
    どうも、拙文を読んでいただき、コメント有難うございます。

    いわれているのは「キュクロプス」ですね。
    ルドンは、ほぼ形式化された花を描いた作品と、神話などの宗教を題材にした作品を描いていますが、後者の方が、独創的でひきつけられる作品が多いですね。
    また彼の作品を多く集めた展覧会を期待したいです。
    2006/05/31(水) 23:30:43 | URL | webcat #-[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。