FC2ブログ
芸術、書籍、音楽などのレヴュー。あるいは随筆。 - Revue de l'art, le livre, la musique etc, ou essai.
  • calendrier
  • コートールド美術館 魅惑の印象派 東京都美術館
    ロンドン、コートールド美術館の印象派、ポスト印象派のコレクションを紹介する企画展。
    美術館改修のための長期休館に伴って、日本での巡回展が実現されました。

    現地常設は、ルネサンス~現代絵画を広く扱っており、かつ展示スペースもさほど広くないため、現地では常設されていないコレクションも多数見られたのかと思います。
    もちろん、休館により普段なら決して貸出しはないような、美術館を代表する珠玉の作品も来ており、現地美術館を印象派目的で訪問する以上のクオリティになっていたようにも感じました。

    ルノワール、セザンヌ、ゴーガンあたりは作品がそろっていました。
    ルノワールの初期作品「桟敷席」(1874)は黒と白の強いコントラストで作品が締まっています。黒の純度はかなり高い(これを見た後に同じく黒い衣装を描いている、マネ「フォリー=ベルジュールのバー」をかなりくすんで見えるはず)のですが、衣装部など、黒く塗りつぶされているように見えても、微妙なタッチの変化をつけていて、衣装の質感がリアルに表現されています。

    展示資料にあった通り1910年あたりにはポスト印象派という語が登場し(範囲は現代的意味よりも広め)外国への紹介などが進んでいたとのことで、この時期には直近でコレクション展のあったウィリアム・バレルなどの収集家はすでに活動しています。サミュエル・コートールドが集中的に収集したのが1920年代(1932開館)なので比較的早い時期から全世代の印象派や同時代画家の作品を収集しており、これだけ良質のコレクションを築けたわけです。昨年ビュールレ・コレクション展もありましたが、19c末~20c初めの収集家同士の比較や(もしあれば)関係なども紐づけた展示も見てみたくなります。
    スポンサーサイト