FC2ブログ
芸術、書籍、音楽などのレヴュー。あるいは随筆。 - Revue de l'art, le livre, la musique etc, ou essai.
  • calendrier
  • プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光 国立西洋美術館
    ベラスケスのもっとも重要かつ充実したコレクションを有するプラド美術館展とのことで、副題のとおり、ベラスケス7点が核となっています。
    また、ベラスケス以外にも、リベーラ、スルバランらのスペイン絵画、ルーベンスらフランドル絵画もクオリティの高い作品が集結しており、プラドのコレクションの充実度がうかがえます。さらに、これら絵画も、小品でかさ増しされている感がなく、大作ばかりで非常に現場での見ごたえのある企画展になっていました。

    スルバランは、ヘラクレスの12の偉業のシリーズが特に興味深かったです。
    「ヘラクレスとレルネのヒュドラ」「ヘラクレスとクレタの牡牛」の2点が来ていました。
    ヒュドラの方は、狭い洞窟に籠った、大して害もなさそうなヒュドラを叩き潰そうとしている感じが面白いです。19世紀の作例、モローの同名作品などと比較しても対照が浮き立ちます。
    男性の肉体表現に関心のいった作品で、スルバランの幅を見られる作例と思います。
    スポンサーサイト



    ヌード 横浜美術館
    2016年からの国際巡回展で、英国テートのコレクションから構成されています。
    古典的主題であるヌードについて、19世紀以降の展開を探る内容となっています。

    近代以前は、裸体表現は解剖学的な裏付けを持ちながら、まずデッサン、人体表現の基礎として位置づけられていた面がありますが、現代にいたるとそういったアカデミックな面や女性美の表現といった意味合いが薄まり、コンセプチュアルな、あるいはメタ表現的な展開を見せます。そして、やはり性役割、ジェンダー等の社会学的なものや政治的なものへの関係、既存の社会的・文化的文脈との関係(たとえば猥褻性との関連)で問題をはらむものとして扱われてきたといえます。
    今展も後半部分はそのような展示が多く、挑戦的、意欲的といえる構成になっていました。これも近現代美術の殿堂たるテートのなせる内容と思いました。

    個人的な興味としては、そのようなコンセプチュアルなものではないので、(テート・ブリテンの)ビクトリア朝絵画を鑑賞する目的で訪問しました。
    全体に対する構成割合は低いものの、レイトン「プシュケの水浴」、ミレイ「遍歴の騎士」、ドレイパー「イカロス哀悼」など第一級の作品が来ていました。
    ドレイパーは、これまで怖い絵展で作品を見たくらいですが、本作は大画面で大変迫力がある作品と感じます。質感表現や物寂しい色調などそういうところも見どころかと思いました。
    テート・ブリテンのビクトリア朝絵画展示室は同館では最大規模のギャラリーといえど絞られているので、今回は前年に行った時には見られなかった作品を鑑賞できる機会となりました。

    展覧会の目玉はロダンの巨大大理石像の「接吻」です。
    男女の対照的な表現や人物構成のダイナミックさが際立ちます。
    屋外のブロンズならまだしも、このような大理石彫刻は見る機会はそうそうないので(自分の興味に照らしても)、単純に圧倒され、心動かされました。
    そのほかの絵画では、デルヴォーが光っていました。